« ラノベ作家休憩所『求刑小説。』 | トップページ | ダッシュエックス文庫『文句の付けようがないラブコメ 2』 »

メディアワークス文庫『時槻風乃と黒い童話の夜 3』

甲田学人先生の贈る幻想怪奇譚。
短編集、中編2つときて、ついに長編となりました。
この次が童話作家の3分冊なので、着々と筆が乗ってますな。

●いばら姫
地元の幼馴染みグループと再会するも、一人足りないお話。

長編だけあって日常部分が少し長めなので、どこからが非日常で
風乃さんのターンとなるのか実にハラハラでした。

最初のウチは、田舎と都会の隔絶っぷりに端を発した幼馴染みグループ内での
微妙な立ち位置に悩む風を装っていたので、今まで通りの青春お悩みコーナー
始まるものだと思っていたのですけどね。

過去の秘密、その一点の強烈さもさることながら、そこからの捻じれ様が
今までのお話の比じゃないという感じです。
神様の悪夢が溢れたみたいな、完全な異常さがありました。

そういう異常さに中てられたからか事件後の、風乃さんによる
どうしてこうなった解説が、いつも以上に後味悪く、
しかし上手い事纏まっていて、切ないやら悔しいやら。

「幽霊はいなかったわね」
「童話が終わった後の事を想像するのは、悲しいだけだ。それは多分……」

風乃さんの言葉ですけど、作者の本質を表しているようで、
なんとも言えない気分になりました。いやいや、まったく……。

それでは、また。


関連

時槻風乃と黒い童話の夜 2

時槻風乃と黒い童話の夜 1

断章のグリム 17

|

« ラノベ作家休憩所『求刑小説。』 | トップページ | ダッシュエックス文庫『文句の付けようがないラブコメ 2』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/62511519

この記事へのトラックバック一覧です: メディアワークス文庫『時槻風乃と黒い童話の夜 3』:

« ラノベ作家休憩所『求刑小説。』 | トップページ | ダッシュエックス文庫『文句の付けようがないラブコメ 2』 »