« 電撃文庫『課外活動サバイバルメソッド 1』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 5』 »

ぽにきゃんBOOKS『宝石吐きのおんなのこ 1』

なろうコン選出作品という事で、Web発の短編+その続きの中編。
タイトルに妙に惹かれて手に取る事に。

女たらしな宝石店店主と、引き取られた女の子のお話。

「宝石吐き」
という魔法的な奇病が物語のキーポイントではあるんですが、
お話としては少しちゃらんぽらんな若旦那と、しっかりものの看板娘の、
人間関係が進んだり進まなかったりという、のほほん日常系です。

すこし不思議という割には、盗賊に攫われたり、怪盗に狙われたりと、
こんな日常は嫌だ……レベルの事件ばかりですが、それらを危機として
やきもきするのは店主のスプートニクさんだけ。

肝心の看板娘クリューさんが心配してるのは、その店主さんの素行の方で、
危機なんてそっちのけで一喜一憂する様は、非常に愛らしいです。

年の差というより、クリューさんの精神年齢が幼すぎて、
色恋というよりは親愛って感じに見えちゃうのが、作者の思惑通りなのか
そうでないのか悩みどころです。
イラストがまた絶妙な年齢層で描かれてるのも、混乱のもとなんですけど、
ある意味、都合よく解釈して良いとも言えるので、これはこれで面白いですな。

短編の方は純粋にこの「妙な人間関係」を描いたシンプルなお話でしたが、
中編はもうちょっと世界観に寄ったお話で、すこし複雑になってます。

事件としては真面目なお話、のハズなんですが、魔法少女のキャラが
すっとぼけ過ぎていて「これは酷い!(いい意味で)」と言わざるを得ない。
ボケもオチも、それでいいのかっていう……。
スプートニクさんが真面目に受け取った分だけ負けましたね。

なんだかんだでうやむやのまま、可能性は無限大の状態なので、
2巻でどうなるのか、楽しみです。

それでは、また。

|

« 電撃文庫『課外活動サバイバルメソッド 1』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 5』 »

10_その他」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/62563184

この記事へのトラックバック一覧です: ぽにきゃんBOOKS『宝石吐きのおんなのこ 1』:

« 電撃文庫『課外活動サバイバルメソッド 1』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 5』 »