« 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 3』 | トップページ | ダッシュエックス文庫『ファング・オブ・アンダードッグ 1』 »

講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 4』

急転直下の4冊目。ラブラブコメコメしてる暇もありません。

敵も味方も敵の敵も何もかも大集合で、大決戦なお話。

先生の先生、いわゆる優しそうで本当は怖い師匠登場巻なのですが、
お約束通りのほほんキャラに見えるものの、クライマックスが極まってしまって、
のほほんパートなど一瞬でした。

テイカのぱんつに防御バフかけてる程度の日常パートェ……。

さておき、意味深キーワードを少しずつ掘り起こすしかできない主人公一行。

山賊から狙われてる故に、味方?からも狙われて、本当に八方ふさがり。
戦力で圧倒され、大人のお仕事で圧倒され、ここまで追い込まれるとは
まったく思いもしませんでした。

この巻の初めは学園脱出目指してたんだから、
なんだかんだで外に出られるんだと思うじゃないですか。

必殺部隊のターン、ヤカガミ先生のターン、そしてライガのターンと、
まったく主人公勢に周ってくる気配がなかったわけですが、
そのままどん底まで下ったところで、トアコ先生がチビキャラになり
流れが変わりました。

戦力差なんて関係なかった。班の結束も連携も必要なかった。
ただ、トアコ先生が居ればよかっただけの今巻だった。

これが、これがやりたかったのかと。開いた口がふさがりませんでした。

それだけの衝撃のラストスパートだった訳ですが、勢い余りましたね。
ライガとの決着も、ラスボス登場も、何でもアリ過ぎだろう……。

それでは、また。


関連

巡ル結魂者 3

巡ル結魂者 2

巡ル結魂者 1

|

« 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 3』 | トップページ | ダッシュエックス文庫『ファング・オブ・アンダードッグ 1』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/61884635

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 4』:

« 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 3』 | トップページ | ダッシュエックス文庫『ファング・オブ・アンダードッグ 1』 »