« 電撃文庫『白銀のソードブレイカー 3』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『俺の教室にハルヒはいない 4』 »

電撃文庫『白銀のソードブレイカー 4』

シリーズ最終章。という事で、完結です。

剣聖と剣魔、聖剣と魔剣。世界の真実に辿り着きます。

神の領域、最凶の剣聖デュランダルとの決着をつける話。

ルピナス戦での乱入で決戦の舞台が整った感ありましたが、
いったん出直し、デュランダルさん本拠地での最終決戦です。

という訳で、本拠地へ向かうまでの旅路で大活躍なのがサツキお嬢。
昨日の敵は今日の友という訳ですが、前巻で苦戦した割に……ちょろいです。

エリザに絡んでるような、レベンスにちょっかいかけたいような。
生温かく見守るヴァ―様とサンちゃんと、我々読者。
根っからの武者……と言うよりは、単に乙女だって感じですな。

でもって敵本拠決戦。対剣魔術式が炸裂したり、聖剣技に余念が無かったり、
デュランダルさんが余裕かましてたりと、いろいろお約束な展開でしたが、
すこしばかり設定が粗いようにも感じました。
デュランダルさんは慎重なんだか慢心なんだか、どっちかにすべき。

聖剣のお役目はなんだか理解出来るような気もするんですが、
エリザや魔剣アイゼルネがやっていた事が、結局なんだったのかというのは
よく分からなかったような。

聖剣壊していれば、そのうち神様が出てくるだろうという事だったのかしら。
それとも単にやらないよりはマシという事か。

何はともあれ結果オーライ。命さえあれば約束は果たせますから。
俺、この戦いが終わったら……のフラグに負けず、夢を語った二人で、
新たな旅路につく大団円。

かと思ったら、二人じゃないっていう驚きのオチが待っていましたが、
これはこれで? このメンツだとツッコミ不在なので、いろいろ危険そうです。

それでは、また。


関連

白銀のソードブレイカー 3

白銀のソードブレイカー 2

雨の日のアイリス

|

« 電撃文庫『白銀のソードブレイカー 3』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『俺の教室にハルヒはいない 4』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/61911533

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『白銀のソードブレイカー 4』:

« 電撃文庫『白銀のソードブレイカー 3』 | トップページ | 角川スニーカー文庫『俺の教室にハルヒはいない 4』 »