« 電撃文庫『青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない』 | トップページ | 電撃文庫『白銀のソードブレイカー 3』 »

講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 5』

シリーズ頂点の5冊目。完結巻です。

ついに主人公も表紙に出られました。ドヤァ……。

最後の敵は自分自身。巡り巡った魔法使いのお話。

いろいろアレげな元凶、ライガを打ち倒したと思ったら第二形態。
黒メイマスモゴリアさんの登場です。

ライガと航斗の共通性はいろいろとありましたが、そこまで一緒だったのかと。
そのままラストバトル延長戦で1冊まるまる……という訳でもなく、
いったん、仕切り直しての再決戦。

仕切り直しの間にライガの思い出が暴かれたり、魔導書の暴走があったり
したのですが、ここが最後の日常パートですかね。
この期に及んで、まだ新らしい異世界生物のリンカを出す心意気。
すごくワクワクします……と思ったら、最初からこうではなかったようで。

当初案ではもっと前の巻のエピソードだったと言われると、なるほどですわ。
これが、ライブ感……! 良い言葉ですな。

最後の最後の決戦は、単純な気持ちの勝負とか知力比べとかではなくなって、
ドでかい伏線として残されていた「魔導書」との戦いになりました。

それもなんだかんだでハナ曰くの「うんざり死」、これに尽きるわけですが、
最後がこのオチだと、拍子抜けを通り越して「さすが」だと思えてくる不思議!

狐でなく魔導書につままれたような気分です。

感動の帰還シーンも含めて、苦笑で締めくくられたこのシリーズでしたが、
気分は割と爽快。楽しかったです。ありがとうございました。

いっそトアコ先生の小さい日々とか、外伝出ちゃってもいいんですけど?

それでは、また。


関連

巡ル結魂者 4

巡ル結魂者 3

巡ル結魂者 2

|

« 電撃文庫『青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない』 | トップページ | 電撃文庫『白銀のソードブレイカー 3』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/61909906

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 5』:

« 電撃文庫『青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない』 | トップページ | 電撃文庫『白銀のソードブレイカー 3』 »