« 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 1』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 3』 »

講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 2』

秋田禎信先生のファンタジー最前線作品、2冊目。
最前線ってなんでしょうね。ファンタジーも世代があるって事かしら。

お婆ちゃんの夢にケチをつけて、仲直りする話。

街の厄介ごとを片づける、ゆる部活モノに有りがちなシチュエーション。

テイカが表紙ですけど、フォーカスされてるのはレプラコーンリンカの
ハナのような、新キャラのユーハなような、はたまた悪者のライガなような。
つまり、テイカはあまり活躍しない。前巻で燃え尽きましたね!

という訳で、トアコ班の他の面々と仲良くなったり、トアコ班ではない
学校関係者と仲良くなったり、悪いヒトと仲良く?なったり、
そういう意味でのモテ期到来な航斗君です。

新キャラのユーハさんはピンナップの着衣水着が絶頂期な感じ。
というか、テイカと張り合うキャラではあるんですが、いろんな意味で
負けフラグがビンビンなので、どこまで本気か分からないという、
ヒロインとして見ると致命的な微妙キャラです。

が、当て馬としては非常に楽しく、ラブコメの波動がインフレーション。
アズラもなかなか懐かないと思いきや、割とデレを見せてくれるので、
そっちも楽しいです。
そりゃー、メイおねいさんもクサそーな顔をしますよって。

本筋としては敵の親玉初登場。
前巻ではただの「山賊」としてしか、紹介されていませんでしたが、
そんな表現では物足りないヤバさを見せびらかしに来たというか。

魔法使い、リンク術、この世界の前提をいろいろ覆している規格外者。
航斗がそうであると同時に、敵もそうであるというのは、なかなか熱い展開。
宣戦布告、カッコいいデスね。ま、男に興味は無いのですが。

しかし、リンカ同士のバトルはその能力よりも、元の生物の方に興味が……。
この世界の動物図鑑とか、出ませんかね。

それでは、また。


関連

巡ル結魂者 1

|

« 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 1』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 3』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/61879942

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 2』:

« 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 1』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『巡ル結魂者 3』 »