« ガガガ文庫『妹さえいればいい。』 | トップページ | 電撃文庫『天使の3P! 2』 »

ガガガ文庫『さびしがりやのロリフェラトゥ』

中学生でなく小学生を愛するさがら総先生もガガガ進出。
とはいえ、今作はロリポップというか……伝奇?

作家の悩み、吸血鬼の悩み、ギャルの悩み、宇宙ロボットの悩みなお話。

旧校舎に吸血鬼が住み着いている、という噂を端に、
それぞれの主観で語られる女子高生失踪の物語。

変態王子ではなくて、笑わない猫(マジ顔)だったみたいな、
意外性たっぷりなお話でした。編集さんと深夜二時に鉄拳バトル、さもありなん。

冒頭の宣告があったので、学生作家・常盤桃香の第一章はだいぶ心して読んだ
のですが、小吸血鬼シギショアラの第二章に入った辺りでかなり安心してしまい。

さら続く第三章で犬ころ系ロボ子さん登場と、紳士度をあげてきたものですから、
てっきり最後までほのぼのコメディ路線だと思いましたですよ。

常盤桃香が目を怪しく輝かせ、シギショアラが涙目になり、
ビッチさんとロボ子とマフラーで微笑みあうような。

私も私で、私の主観でしか物事を見られません、という事ですね。

いろんな意味でどうしてこうなった感があるのですが、続く可能性があるとなると
ちょっと期待しちゃいますね。ハッピーエンドを迎えるべき、だったと。

それでは、また。

|

« ガガガ文庫『妹さえいればいい。』 | トップページ | 電撃文庫『天使の3P! 2』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/61547855

この記事へのトラックバック一覧です: ガガガ文庫『さびしがりやのロリフェラトゥ』:

« ガガガ文庫『妹さえいればいい。』 | トップページ | 電撃文庫『天使の3P! 2』 »