« 講談社ラノベ文庫『クロックワーク・プラネット 3』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 10』 »

電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 9』

常夏学園アクションファンタジー、9冊目。
って言われても、学園要素薄いですよね。制服ってだけのような。

アニメ放映してた頃から積んでました。一気に最新刊まで読破です。

レジャー施設に遊びに行ったら、迷子?の小学生に弄ばれた話。

サブタイトルが黒の剣巫って事で、雪菜が闇落ちするのかと
思ったのですが特にそういう事は無く。
黒いセーラーの剣巫(っぽい人)が登場するってだけで。

そのサブタイで煽られた六刃の妃崎さんもキーマンではあるのですが、
この巻のメインヒロインは、もう一人の新キャラ小学生、結瞳さんです。

今まで散々中学生の雪菜を弄び、直近の過去編でもアヴローラさんと、
いろいろやらかして来た古城君ですが、ここに来て小学生に手を出しました。
まったく、紳士協定もあったもんじゃありませんが、
あえて言わせてもらえば、グッジョブです。紳士的な意味で。

まぁ、良く考えると手を出したのは結瞳さんだとも言えるのですが、
全ては結果が物語っているわけです。

「そんなに小さい子が好きなんですか?」と詰め寄る雪菜さんは
すごくカッコ良かったです。大爆笑です。
今巻はこのシーンのためにあったのだと言っても過言ではないと思いました。

そんなこんなで、久しぶり?に絃神島の危機で、新しい眷属さんも増えました。
勢いのままに結瞳さんかとも思ったのですが、そこは正妻の面目躍如。
倦怠期? いいえ、チョロインです。というフラグが見えた気もします。
姫柊雪菜、かわいそうな娘……。

それでは、また。


関連

ストライク・ザ・ブラッド 8

ストライク・ザ・ブラッド 7

ストライク・ザ・ブラッド 6

|

« 講談社ラノベ文庫『クロックワーク・プラネット 3』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 10』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/61513642

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 9』:

« 講談社ラノベ文庫『クロックワーク・プラネット 3』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 10』 »