« 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 9』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 11』 »

電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 10』

大台の2ケタ巻で、冬休み編突入。
常夏なので絃神島にいるウチは冬なんてこないんですけども。

大きな荷物を開けたら女の子が出てきたでござる。な、お約束のお話。

ここに来て、そのパターンか! というくらい、コテコテのお約束で
始まるお話なんですが、テーマとしては「サブキャラに愛の手を」です。

夏音、アスタルテ、ニーナ・アデラードのサブヒロイン?たちに、
変態吸血鬼ヴァトラーのお付きである、ジャガン卿までも、
スポットライト不足という事で活躍の場が与えられています。
9巻からの新入りである結瞳さんは最初だけでしたけど……。

ニーナは那月ちゃんポジションというか、困った時の戦力でしか
無い感じなので、今巻もあまり目立って無かったですけど、
夏音とアスタルテは、雪菜の目をかいくぐって、ついにやる事やりました。

そう言われてみれば、夏音さんまだだったんですね。
しかし、この既成事実さえあればもう何も怖くない、です。
夏音の本音も良かったのですが、それよりもアスタルテのフォロー?が、
すごく印象深く、薄い本が厚くなりそうでした。

今巻の新ヒロインさん、セレスタさんはニーナに続いて褐色キャラ。
命の恩人であるヴァトラーを想い、古城に対しては毒舌ツンツンデレツン
……って、デレてる時点でいろいろアウトでした。

ツンデレ属性が浅葱とモロ被りなので、あまり新鮮さは感じなかったのですが、
ヴァトラーに取られる展開は、これはこれであり……?

また、一方その頃の正妻、雪菜さんはと言えば、当然のようにきっちりと
新妻同棲イベントをやらかしておりますので、特に問題無しです。
メシマズでもいいじゃない。中学生だもの。

それでは、また。


関連

ストライク・ザ・ブラッド 9

ストライク・ザ・ブラッド 8

ストライク・ザ・ブラッド 7

|

« 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 9』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 11』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/61513971

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 10』:

« 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 9』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 11』 »