« 2014年の読書メーター | トップページ | GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2』 »

GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 1』

レーベル文学賞「大賞」と言う看板を引っさげたGA期待の星。
アニメ化という事でコミケでもいろいろやってました。

ソロプレイでダンジョン探索する冒険者君の、ハーレムが出来るまでのお話。

MMORPGを小説化したようなアレコレが流行った昨今ですが、
こういうローグ系RPGを小説化したようなのも少なくないような。

という事で、ゲームあるあるをファンタジーに落とし込んだような作品。

下界に遊びに来ている「神様達」の加護を受けた冒険者達。
冒険で得た経験値を、神様がいるホームにて能力に変換=レベルアップと
いうような。

そういう設定を楽しみつつの、初心者冒険者ベル君の成長も楽しむという
コンセプトです。

浅い階層でちまちま小金稼ぎをしている泥臭い場面をもうちょっと見たくも
あったのですが、今巻最後の方ではすっかり「可能性の塊」として、
期待度がうなぎ上りなので、思ったより早く強くなっていくみたいです。

出会いうんぬんのハーレム要素は、1巻ではまだ薄く、落ちてる女性は
ベル君の神様、ヘスティア様くらい。
初めから好感度MAX過ぎてチョロイというか噛ませというか、
勝てる要素があまり見当たりません。
そしてボケ倒し過ぎて、神様ってなんだろう感がします。
こんな神様で大丈夫か?

なにより、ハーレムと言いつつ、ベル君成長の鍵が「一途な恋」なので、
今後これがハーレムとして成立するのかどうか怪しいです。

こんなハーレムで大丈夫か?

それでは、また。

|

« 2014年の読書メーター | トップページ | GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/60912834

この記事へのトラックバック一覧です: GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 1』:

« 2014年の読書メーター | トップページ | GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2』 »