« ラノベ作家休憩所『救世小説。』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 4』 »

講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 3』

コミックの前日譚シリーズ3冊目。
帯じゃなくてあらすじで大人気と煽られてると、
なんだか謀略めいた感じがしますが、気合が入っている事は確か。

爪を隠し切れなかったグレン君の新たな学園生活なお話。

申し訳程度の学園要素、それが今巻表紙の十条美十さん。
そんな美十さんを旗印に、学園モノっぽさが強いような、そうでもないような。

前巻のピンチを乗り切ったが故に、立場が非常に綱渡りになってきたグレン君。
暮人と柊家の愉快な仲間たち、真昼と百夜教の愉快な仲間たち。
それぞれに弄ばれつつ、最後に我を通して見せるかどうか。

容赦ない設定に、何フラグなんだか分からないゾクゾクさも高まってきます。

前半は柊家のターン。まぁ、クラスメイトの手のひら返しくらいは
どうでもいいんですが、暮人の泰然さがカッコいいというか、
深夜の飄々さが頼りになるというか。

コミックの方でも出てきて幹部っぽさを発揮してたので、
どことなくそこまで裏切らないだろうという安心感がありますな。
コミックに出てきてなかったら、どちらも絶対に信用ならなかったです。

この腹グロ対決の中にあって、美十さん達の方があまりに純真過ぎるため、
これゼッタイ死亡フラグだよね……と、疑念が絶えません。
でも、こっちもコミックに出てきてるから最悪のパターンではないはずなんで、
頑張って「学園」っぽくしてるんだろうという作者の情けに
涙がちょちょ切れそうです。

ただ、シノアさんのお手てがアレな事になってたのは、かなり度肝を抜かれて
しまって、非常に悔しいです。
笑顔が眩しい……! ってか、似合い過ぎだろうこれ!

そこから急転直下で百夜教……というか、真昼のターンな訳ですが、
美十、小百合、時雨にシノアと、全ての人の事情を軽くひっくり返して、
ヒロインの座に君臨するのがスゴイです。やっちゃったー。

いろいろひっくり返され過ぎて、地の文で語られる「過去」すらもが、
疑わしいという有様ですが、やったのは事実なので責任は取らねばなりません。

ここでグレン君に覚悟を決めさせるというか、心残りになりそうな経験を
全て済ませようって作者の腹(グロ)ですね。わかります。

なかなかどうして、弄ばれるのが楽しいです。

それでは、また。


関連

終わりのセラフ 2

終わりのセラフ 1

|

« ラノベ作家休憩所『救世小説。』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 4』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/60358699

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 3』:

« ラノベ作家休憩所『救世小説。』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 4』 »