« 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 3』 | トップページ | 電撃文庫MAGAZINE文庫『終わらない夏を終わらせる五つの方法』 »

講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 4』

アニメ化ですか。まぁ、そうだろなという感じですけど、
問題はまだ全然終わりそうに無い事だわ……。

小説版とコミック版でエピソードには事欠かないけど、
キリの良い所が無いから、どこまでやるやら……。

学園襲撃にて守るモノ全てを守ろうとするグレン君のお話。

ついに鬼呪が全面に出てきての戦いが始まりました。
コミック時点の未来ではあんなに余裕綽々の「鬼の制御」ですが、
初めの一歩はこんなだったんですよ、と。

そういう事情を知ってると、どれほどヤバい描写があっても微妙な感じですが、
小説版だけ追ってる人は(いるのか?)まさに技術?革新のその瞬間。
かなりのクライマックスっぷりです。

鬼になることで、ようやく真昼に追いついたようなそうでもないような。
グレン君の心境に同情の余地はあれど、ここで行動出来るのは、
やはりカッコいいです。

上から目線のスカし野郎な顔も、生温かく見守れる点では好感が持てましたが、
ウジウジ考えてるだけの主人公では、イマイチ盛り上がりませんもの。

そういう訳で、グレン君の活躍っぷりは予想出来ていたにも関わらず、
予想以上に感激させられましたが、襲われた他の面々の行方が心配で心配で。

今回の真昼さんの本気っぷりと、繰り返される絶望的な戦況描写を見るに、
死なないにしても、死なない「だけ」のナニカがあるんじゃないかと、
かーなーりー、動揺していました。

美十さんも口絵であんなだし、小百合さんと時雨さんも変なフラグ立ててるし、
それでいてグレンさんはルート決まっちゃったわけで。
実に意地の悪い作者ですよ、ホント。

グレン君封印時に、これは小百合さん時雨さん来たな! と思ったんですが、
そうでもなかったのがちょっと残念です。尺の都合とかあったのかな……。

そんなこんなでいよいよ物語が始まったな! という気がしましたが、
鬼呪が出たことで一区切りついてしまった感もあって、この後の
終わりの12月までのエピソードが全然予想出来ません。

全員のパワーアップは済んだから、後はノ夜さんが真昼さんになったり、
吸血鬼が終わりに絡んで来たり、……ここからどうするんだ。

それでは、また。


関連

終わりのセラフ 3

終わりのセラフ 2

終わりのセラフ 1

|

« 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 3』 | トップページ | 電撃文庫MAGAZINE文庫『終わらない夏を終わらせる五つの方法』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/60360048

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 4』:

« 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 3』 | トップページ | 電撃文庫MAGAZINE文庫『終わらない夏を終わらせる五つの方法』 »