« 電撃文庫『鮎原夜波はよく濡れる 1』 | トップページ | 富士見L文庫『海波家のつくも神』 »

電撃文庫『白銀のソードブレイカー 2』

松山剛さんの新境地、聖剣破壊の物語、2冊目。
血と剣の絆の物語。って、なんか増えてます?!

大敗北からの逃走。そして再生と成長のお話。

前巻、苦戦しながらも全戦全勝だったエリザさんですが、
この巻では初っ端からその鼻をへし折られ戦意喪失。
という、崖っぷちから落ちながらのお話です。

べっきり折られたエリザさんは、今巻はただのお姫様役。主役ではありません。
そう、レベンス君が日の目をみるための巻なのです。

まー、前巻はただのラッキースケベるだけのシスコン野郎でしたからねー。
ちゃんと主役に据える気があったんだと、この妙な盛り下がりに納得です。

そんなこんなで、今巻の大半はレベンス君の修行風景。
エリザともイチャイチャしていますが、師匠と鍛冶屋さんにも、
何かフラグを立てている感じです。

師匠と呼ばれて「くーっ」となる師匠、メタくそ可愛いです。
もはや完全にキャラが違う気もしますが、気のせいとして処理できます。

面倒見も良いし、結構師匠モテしそうに思いますが、
剣聖の黒い事情を調べるものとして、孤高を貫いていたのですかね。

別れの時も示唆されていて、内心かなり不安でしたが、
今巻はまだセーフだったので、ホッとしています。

剣聖と剣魔のことは、何が何だかよく分からなくなりつつありますが、
細かい事は今はまだいいのです。次なるエリザのお詫びに期待。

それでは、また。


関連

白銀のソードブレイカー 1

氷の国のアマリリス

雪の翼のフリージア

|

« 電撃文庫『鮎原夜波はよく濡れる 1』 | トップページ | 富士見L文庫『海波家のつくも神』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/60272598

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『白銀のソードブレイカー 2』:

« 電撃文庫『鮎原夜波はよく濡れる 1』 | トップページ | 富士見L文庫『海波家のつくも神』 »