« 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 4』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 8』 »

電撃文庫MAGAZINE文庫『終わらない夏を終わらせる五つの方法』

電撃文庫MAGAZINE Vol.33の付録コラボ小説。
作家さん5人による夏を舞台にした短編集。

夏の魔術師さんの魔法で終わらなくなった?夏に咲き誇る向日葵。
5人の主人公たちが「自分の心残り」を解決することで、夏を終わらせる話。

青春です。青春。ちょっと違うのもありますが。
背景に「終わらない夏」と「夏の魔術師」という設定がある割に、
それぞれ自由奔放な短編だった気がしますが、まぁ、こんなもんです。コラボ。
……もうちょっと絡んでくれてもいいんじゃよ?

今回は、私が作品読んでない(けど注目してる)方々だったので、
なかなか新鮮な良い機会でした。

●エキストライニング
蝉川タカマルさんの高校野球でド直球な青春話。

悔やんでも仕方ない事で落ち込んで、誰も得しないドツボにハマったパターン。
ここで幼馴染みを取り合うとかまで行けば、さらにドツボでしたが、
短編なのでそこはルート確定です。

夏の魔術師さんが魔法をかけたのがクワだったので、心残りはそっちか!
という訳で、活躍したのに全然出てこない不遇な魔術師さんに愛の手を。

●ガール・アンド・マーダー
兎月山羊さんの異色作。殺し屋さんに弟子入りした女の子の話か、
あるいは女の子の弟子が出来てしまった殺し屋さんの話か。

タダの田舎に暮らす殺し屋さんが出てきた時点で、
ここが本当にタダの田舎なのかを真剣に考え始めねばならないというか、
この本の中の他愛ないお話の裏側に殺し屋さんの影有りとか、
それが一番のブラックジョークですね! HAHAHA! って感じです。
木が傷だらけだったら、まぁ、熊を疑うのが常識デスね……。

オチもなかなか壮絶ですが、本人が満足してるなら何も言う事は無いかと。
トオルもナツも何も間違えなかった。それでも、この結末しかなかった。

●たんたん・たぬこ
茜屋まつりさんのドタバタラブコメ。
口絵でたぬこがドヤ顔してますが、お前が主人公じゃないからね?

最初から最後まで王道鉄板を行く、ひたすらなラブコメですが、
化かされてるからしょうがないのです。
主人公の「周囲の期待が重い」は分かるような分からないような感情でしたが、
先生さんは空気嫁ですな。どっちかと言うとこっちが書きたかったのでは。

●非行計画
サイトーマサトさんの自分探しとお姉さんなお話。

家出で秘密基地とか、やるじゃん少年! という感じですが、
それよりなにより夏の魔術師さんと添い寝とか、大人の階段が急すぎます。
そもそも、夏の魔術師さんって、物語にガッツリ登場して良かったんだ!
という、驚愕の真実<ルール>ですよ。

この話は他の全部の話とクロスオーバーしててコラボっぽいです。

●アトラスの夢
宇野朴人さんのロッククライミングなスポ根話。
エピローグもここから繋がるので、これが本編とも言えます。

登山まではあっても、クライミングとなるとスポーツものとしては希少?
今まで見たこと無い知識で溢れてて、好奇心がウズウズ。

この話も夏の魔術師さんガッツリ出演……というかヒロインな扱いですら
ありますが、ただのお姉さんというより魔術師な設定が生きてて良かったです。
攻略法とか達成感と錯覚とか、ホントかウソかうまく判断できませんが、
お話としてはウマかったように思いますな。

それでは、また。


関連

フユコイ -彼女たちの言えない事情-

サンタクロースを見た

4月、それは――××××

|

« 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 4』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 8』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/60370283

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫MAGAZINE文庫『終わらない夏を終わらせる五つの方法』:

« 講談社ラノベ文庫『終わりのセラフ 4』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 8』 »