« 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 3』 | トップページ | ガガガ文庫『人類は衰退しました 9』 »

電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル ヒロインズ・アソート』

第一部?が終わった所でアリスベル短編集。

3巻のアレコレまでに起きていた静刃ハーレムへの道のりな日々です。

●『心のキレイな人にはいい事がある』なんてのおはお伽噺で
アリスベルの錬金術を手伝って好感度を上げる話。

3巻ではアリスベルとイチャコラするどころじゃありませんでしたが、
そもそもこのシリーズはこういうノリだったんでした。忘れてました。

錬金術でアレを作るというのも、錬金ぜんぜん関係ないが、
感情エネルギーでもって錬金するというのも、何が何だか……。
でも、そもそもこのシリーズはこういう(以下略

●京菱キリコは逆上がりができない
キリコの逆上がりの練習を手伝って好感度を上げる話。

体操服でブルマを出したかっただけだな。と言う感じですが、
さり気なくどこぞで装備科だった平賀さんが出てきてます。

マッドサイエンティストタッグ……。と言うことで、この2人なら何でもアリ。
ラブコメ?が、一気に胡散臭くなってきます。超科学進み過ぎィ…!

●スター・ストーカー・ストーカー
ビビをストーカーの魔の手から守るかと思いきや、好感度は上がらない話。

気安さという意味では誰よりもリードしてるビビなので、
なんかもうただのコントです。ドキドキしません。
白黒イラストだと、髪型から某ゆるゆりの淫乱ピンクに見えてきました。
だいたい、ノリが同じですよね。

●妹は兄のために、姉は弟のために
義々姉妹にプロレスを迫られて、切り刻まれるお話。

完全にこの姉妹、エロ担当です。分かってます。
プロレスごっこでもうお腹いっぱいですが、何故か身体測定もついてきます。
ついでに、プロレスといいつつ緊縛プレイです。どうしてこうなった。
つまり、一言で言うならアリスベルもっとやれ!

●パンスペルミアの追撃者
アリスベルと獏が武偵に追われるお話。

3巻の最後のあの引きにも通じる世界観説明なお話。
本編では特にそういう雰囲気は無いのですが、この一般?の世界観だと、
モノノケの類は終われる身のようです。

あとがきでもちらっと明かされてますが、アリアの時代から数年後だそうで、
武偵のお仕事っていったいなんだったんだっけ……。と、
ヤクザな世界から、すっかりファンタジーでびっくりです。

それでは、また。


関連

やがて魔剱のアリスベル 3

やがて魔剱のアリスベル 2

やがて魔剱のアリスベル 1

|

« 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 3』 | トップページ | ガガガ文庫『人類は衰退しました 9』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59940557

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル ヒロインズ・アソート』:

« 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 3』 | トップページ | ガガガ文庫『人類は衰退しました 9』 »