« 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 2』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 4』 »

富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 3』

名武器擬人化、異能バトル3冊目。
名武器っていうと、すごいのかすごくないのかよく分からない不思議。

練司さんが表紙を下ろされました……。テコ入れですね。分かります。

ショタっ子に取り入った女の子を取り合って、弁慶とロキの全面対決なお話。

死んだはずだったいすかさんの事情が全面解禁で、
組織を取るか、恋人を取るかな練司くん。

恋人が出てきて不安定になる薄緑さんとか、前巻で落ちたライラさんとか、
前々巻から落ちてる糸ちゃんとか、実にドロドロです。

そんなダウナーな主人公パーティをしり目に、
暴腕上司と草薙の剣の脳筋コンビが目茶苦茶やりやがって、
もうどうにでもな~れ! の魔法の呪文で、一件落着な今巻。

なんというか……読んでる時は苦笑だったわけですが、
これはちょっと酷いんじゃないかと、読後、冷静になってみると
不思議な感覚に襲われます。ノリと勢いって大事です。

前巻の感想で言い忘れましたが、この作中で出てきた「剣気」なる
存在もびっくりするくらいにテキトーで、冷静になっちゃいけない感じです。

神話由来の、固有の能力なら別にいいんですけど、
どんな武器にでも宿る魔法の力となると、ちょっとねー。

さておき、いすかちゃんを取り戻すために、そして取り戻してからの
覚醒した練司君がメインテーマなはずですが、脳筋コンビの殴り合いの方が、
目立っていた気がします。どんなに覚悟を決めても、インパクトは三倉さんの
おっぱいに敵わないか。男の子だもの。

世界の危機というから、どんな陰謀なのかと思いきや、
割とおバカなDアームの暴走が原因だったという事で、
緊張感が抜けたかもしれません。

クラウ・ソラスが狙われてるのも、たまたま見つかったからとか、
それでいいのか、キーキャラクター。

そんなこんなで、誰も彼も大暴れしたかっただけ、、
という非常にシンプルな内容に特化してきたところで、次巻完結。
は、はやい……。

それでは、また。


関連

デーゲンメイデン 2

デーゲンメイデン 1

本日の騎士ミロク 10

|

« 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 2』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 4』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59981230

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 3』:

« 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 2』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 4』 »