« 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 3』 | トップページ | MF文庫J『一年十組の奮闘 3』 »

富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 4』

古今東西名武器バトル、決戦。という事で、完結巻。

台場、池袋、後楽園と来て最後の舞台は東京スカイツリーです。

練司の仇(?)と、薄緑の仇と、大決戦なお話。

大ボスの相手は主人公。
グングニルに敗れた牙の部隊の相手が、こちらの強キャラ達。
そんな構図で最終決戦始まりました。

牙の部隊はサラッと壊滅したことだけが伝えられていましたので、
この最後の巻にて、どんだけヤバいのかというのが判明。

竜殺しの伝説、ドラゴンキラーさん達という事で、殺した相手の竜になって
襲ってくるという、なるほど最終決戦に相応しい演出でした。
名武器バトルはどこいったか? こまけーことはいいんですよ!
最後はデカ物を相手取る。これがお約束なんです。

こちらの面々も三倉さんや草薙の剣、ロキの面々に加えて、
諸外国の最強勢が参戦で、パワーインフレ甚だしいです。
たぶんこの諸外国のゲストキャラは短編かなんかで出てくるんだと思いますが、
ドラマガの方は未チェックでした。
きっといろいろがいろいろだったんですね。わかります……

薄緑さんの方はと言えば、吠丸の完全ステルスに、蜘蛛丸の剣気吸収と、
この2つだけで誰が相手でもどうにでもなるんじゃないのか? という、
チート能力過ぎて薄緑と膝丸が涙目でした。

キャラ的にも2人がロリと巨乳さんなので、薄緑と膝丸とは、
いったいなんだったのか……。と遠い目になりかけましたが、
ほら、イマを倒したのはちゃんと薄緑だったし! 大丈夫大丈夫。
と、励ますことが出来そうで良かったです。

この最終巻は特に登場人物に対して、ページ数が足りない感じでしたが、
収まるべきところには収まって、弁慶機関の活躍はまだまだこれからだ!
という感じなので、あとは読者の頭の中で妄想するばかり。
吠丸のイラストが見られたから……まぁ……。

それでは、また。


関連

デーゲンメイデン 3

デーゲンメイデン 2

本日の騎士ミロク 10

|

« 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 3』 | トップページ | MF文庫J『一年十組の奮闘 3』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59986514

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 4』:

« 富士見ファンタジア文庫『デーゲンメイデン 3』 | トップページ | MF文庫J『一年十組の奮闘 3』 »