« 電撃文庫『世界の終わり、素晴らしき日々より 3』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 5』 »

講談社BOX『のばらセックス』

これゼッタイ入ってるどころじゃない、「性」作品。

日日日さん、講談社BOXデビュー。…という2年ちょい前の作品。
千葉サドルさんイラストに惹かれたこともあって、手に取った訳ですが、
積読の山に埋もれていました。

男性しかいなくなった世界で崇められる、唯一の女性「のばら」様。
その娘であるおちばちゃんの陰謀渦巻く学園(?)生活なお話。

あとがきにもちらっと書いてあります通り、日日日さんの新路線、挑戦作。

そうは言っても、いろいろと裏があるんだろ? と思っていましたが、
割と宣言通りの、ドエロ本でした。

粗筋を書こうと思ったら、おちばちゃんがいろんな人といざこざして、
ヤられちゃいます。……と、それなんてエロゲ?という感じになっちゃいます。

生々しいとかそういうレベルをはるかに超えていきました。

テロリスト戦ではまだエロいというより痛い感じで、なるほどこれは
日日日さんらしい、惨たらしさだと思っていました。
「植物刑」という、SFなんだかファンタジーなんだかよく分からない、
とんでもない実刑についてのお話で、のばらとかけてすごい雰囲気を
作って来たもんだと感心したくらいです。

逢さんに捕まって調教モード入ったところでも、そーとー痛い描写が
多かったですし、シオンさんがアレという事もあったので、
まだ日日日さん作品臭がしていたのです。

ただ、もうその後。カーニバルのエピソードは完全にアウトです。
往来で我慢できなくなったとか、触ってあげるとか、ぶっかけとか、
いやー、ものすごいプレイでした。うっかり外で読めません。

そこまでやらかしたら、またちょっといつもの日日日節が
戻って来たかな、という感じのバトル展開があったりしましたが、
頭の中がすっかり桃色だったので、出てくるのは苦笑いです。

最後のまとめのピースとかも、ダブルなアレを意識してないだろうな、
とか変な勘繰りをしてしまいますです。

それでは、また。


関連

ささみさん@がんばらない 6

流星小説。

いけめん彼女 1

|

« 電撃文庫『世界の終わり、素晴らしき日々より 3』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 5』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59784484

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社BOX『のばらセックス』:

« 電撃文庫『世界の終わり、素晴らしき日々より 3』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 5』 »