« 6月からの気になるラノベリスト@2014 | トップページ | 電撃文庫『愛するムスメからの教育的指導』 »

富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 7』

熱きオンライン冒険ファンタジー。7冊目。

トップグループからも抜け出して前人未到のステージへ。

ついに第三軌道に辿り着き、新ステージ攻略に大興奮なお話。

真っ黒なステージに浸食モンスター。
RPGではお約束の「裏世界」ですね。分かります!

お約束はお約束として、ばっちり世界観にもはめ込んできて、
いよいよこの物語の核心に迫る要素『異物(バロック)』の解説が出てきました。

新MAPの探索に、新しいバッドステータスの攻略と、
ゲーマーならウキウキ気分間違いなしの攻略をしつつ、
鍵となるNPCグレートワーデンさんから世界の謎のヒントを貰って、
次なる目的地へ……。なんもかんも竜が悪い。ウマいまとめでに笑いました。

そんな感じで、ゲーマー的ウキウキ度の配分高めな今巻。
攻略のために別ギルドとも組んでいるので、サクヤ達と合流した時のような、
組み合わせが違った絡みやら戦闘やらが多くて楽しいです。

というか、戦闘に関してはジュンとサクヤが無双しまくったおかげで、
他のメンバーが自信喪失という、ゲームにおける廃人格差を見せつけられました。
トップランカーと言う奴らはいつだって変態なんです……。

ラブコメ的には、ヒカルんにマーキングされ、ユーカリアと混浴し、
かすみさんに告白しつつ、サクヤと幸せなキスをして仲良く暮らしましたとさ。

最後の2つがひどい。サクヤさんもそれでいいのかと問い詰めるべき所です。
エリちゃんも混浴がけしからんとか、変な所にツッコんでる場合じゃありません。

とはいえ、今巻の本命MVPはリュカさんです!
そう、リュカさんがついに帰ってきました。
もうホント、小学生という設定は完全に消えたな。という強かさを持って。
遠い目で先生を語るリュカさんには爆笑させられました。
この子の下で働きたいお友達はかなりいると見た。先生羨ましいです。

そして、ついにアリスさんも復活の兆しという事で次巻が待ち遠しいです。
いつからアリスが黒幕だと錯覚していた?

それでは、また。


関連

スカイ・ワールド 6

スカイ・ワールド 5

銀閃の戦乙女と封門の姫 1

|

« 6月からの気になるラノベリスト@2014 | トップページ | 電撃文庫『愛するムスメからの教育的指導』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59858444

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 7』:

« 6月からの気になるラノベリスト@2014 | トップページ | 電撃文庫『愛するムスメからの教育的指導』 »