« エイプリルフール@ラノベ界隈2014 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『彼女がフラグをおられたら 6』 »

講談社ラノベ文庫『彼女がフラグをおられたら 5』

アウトブレイクカンパニーに続いてアニメ放送目前の、
フラグ乱立学園イチャコメ、5冊目。凜先輩が表紙です。

アニメ化の発表自体はこっちの方が早かった気が。
企画に時間かかったんかなー。

帰ってきたクエスト寮で学園祭の準備に本番に大忙しなお話。

学園祭編前編。出し物の準備でお泊り会とか、
ミスコン出場で颯太へのアピールが恐ろしい事に。そんな感じです。

おい、颯太が宰相になっちまったぞ……菜波と幸せに暮らすのか……。
という前巻の引きでしたが、案外あっさりと戻ってきました。
そして白亜もしれっと学園に入ってきて、ちゃっかりハーレムの一員です。

初っ端の『放課後ソー太いむ』に心奪われて、記憶が曖昧なんですが、
茜さんの天然アタックと、凜のチョロアタックと、菊乃お姉の甘やかしっぷり
とで、颯太のピンク脳がドロドロ溶けださないか心配をしていた様な。
本書はKENZENさを売りの一つにしております。たぶん?

とはいえあのバニーさんを見てると本書のヒロイン度はデカさに比例する、
という法則があるのかもしれません?
まぁ、その法則で行くと、鳴がイマイチ抜きん出ないのが不思議ですが。
……占いの館の占い師さん、デカすぎやしませんか。

颯太君は相変わらずのモテっぷりというか、女難の相というか。
個人と対面しては親愛イベントが発生し、何人か寄ると逆修羅場。

筆頭推薦人になってる辺りを見れば、全て自業自得とも言い辛い。
まさに運命を弄ばれてる感は理解できます、が。
水鉄砲渡されてやっちゃったなら、それはもう言い訳聞けません。
この審査を考えた輩はド変態……って、竹井10日氏、おまえやー!

商魂たくましくとも、くるみ子のように純真に育ってほしい。
それが、ただ一つの私の願いです。

そんなくるみ子もこの巻から唐突に出てきた魔法少女らのおかげで、
なんだかすごいフラグ?が立ちました。
なにこのファンタジー展開。どういうことなの……。

それでは、また。


関連

彼女がフラグをおられたら 4

彼女がフラグをおられたら 3

彼女がフラグをおられたら 2

|

« エイプリルフール@ラノベ界隈2014 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『彼女がフラグをおられたら 6』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59418780

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『彼女がフラグをおられたら 5』:

« エイプリルフール@ラノベ界隈2014 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『彼女がフラグをおられたら 6』 »