« MF文庫J『ノーゲーム・ノーライフ 5』 | トップページ | エイプリルフール@ラノベ界隈2014 »

講談社ラノベ文庫『彼女がフラグをおられたら 4』

竹井10日さんの譲り合い逆修羅場ラブコメ。

アニメ化フラグが公式に立ってから、案外と時間がかかりましたが、
これまたこの春から放送という事で。

何巻か分かりにくいですが、夏休みなのがこの4巻。菊乃お姉ちゃん表紙です。

夏休みという事で学園の外を舞台に各キャラご実家訪問なお話。

メインはブレードフィールド国での、ストーリーフラグ。
白亜登場+人外が出てきたり世界観の謎なお話ですが、
前半のダダ甘ワールドもラブコメ的に素敵です。

召喚寺家での菊乃お姉ちゃんダダ甘やかし時空。ちょっとこれは、
本当に駄目人間量産機過ぎてヤバいですが、凜君との昔馴染みなエピソードは、
非常に良い話でありますし、茜さんちでのお泊り会は、
ほぼいつものクエスト寮のドタバタワールドです。

自宅お泊り会のはずなのに、何故か遊園地のエピソードも飛び出して、
こんなに楽しそうなら、そりゃー、菜波さんも悔しがりますわ。

茜のボケっぷりと、菜波の意地張りっぷりが、芸術的なまでに見事に合致した
結果、ブレードフィールド国へと舞台が移る訳ですが、
ここはもう(笑い過ぎの)涙なくしては見られませんでした。
寂しさで泣いている菜波ちゃんはいなかった、いなかったんや!(爆笑)

ブレードフィールド国では、まずヒロインが1人追加。菜波の妹、白亜姫。
金髪碧眼の菜波姫に対して、銀髪赤眼の白亜姫。揃えてきましたね。

妹キャラではくるみ子と被り、天然お嬢様では茜と被り、大丈夫なのかな、
と心配になりましたが、それなりに住み分けは出来てる……ような?
常識知らずと責任感(?)の複合技で、愛が重い女の特性が付きました。

これからも散々ネタになりますが、菜波がなんちゃって姫様であるのに対し、
白亜は王道の姫様キャラなので、庇護欲をかきたてるというか。

七徳院のNo.0、運命狩り、石碑に刻まれた昔話、そして王族の権謀術数と
話の流れが一気にシリアスに傾きましたが、次の巻のあらすじは
いつものがをられです。おやおや?

それでは、また。


関連

彼女がフラグをおられたら 3

彼女がフラグをおられたら 2

彼女がフラグをおられたら 1

|

« MF文庫J『ノーゲーム・ノーライフ 5』 | トップページ | エイプリルフール@ラノベ界隈2014 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59375930

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『彼女がフラグをおられたら 4』:

« MF文庫J『ノーゲーム・ノーライフ 5』 | トップページ | エイプリルフール@ラノベ界隈2014 »