« ファミ通文庫『部活アンソロジー 「青」』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 6』 »

ファミ通文庫『部活アンソロジー 「春」』

ファミ通文庫のアンソロジー、2冊出すのも恒例に。
前年、赤黒だったし、青と何色だろと思ったら裏をかかれました。
くやしいっ。

という事で、2冊目も部活モノとラブコメで6編。
結構なお点前で……。

●鑑賞部の不埒な倫理
野村美月さん担当作品。絵師さんは千田衛人さん。

美術部に居座り、窓の向こうを眺める二人のお話。

部活? いや違う、初っ端から超弩級の変態ラブコメがやって参りました。
ヤンキーと美少女が、互いの恋心を二人だけの秘密にして……的な、
とらドラちっくなラブコメだなぁ、と分類してはいたんですが、
想像以上にこやつらの妄想が止めどなくダダ漏れていて……イイね!

過程も酷ければ、オチも酷い。作者の思惑通りのドン引き作品ですが、
なんだろう、誰かに読ませてみたいという熱い思いが……。

●根暗男子のバスケットボール
日日日さん担当作品。絵師さんはこずみっくさん。

中学生にして夢破れ、やる気ナッシングなバスケ部員の底力なお話。

中学生にありがちと言えばありがちな達観と諦念の入り混じったアレ。
やる気なし主人公と、元気いっぱいの女子部員と、夢いっぱいな後輩君。
励ましたり励まされたり、いやー、実に素敵?な青春です。

ちょっと主人公の言い訳臭さが、読んでて面倒臭いですけど、
スポーツ中はともかく普段は結構アレコレ考えちゃうものですよね。
実体験……、どこからどこまで……。

●インセンシティ部
田尾典丈さん担当作品。絵師さんはRiEさん。

アンチラブコメを掲げつつ、単なる恋のお悩み相談なお話。

オチの展開は読めていただけに、いつ来るかいつ来るかとドキドキしてました。
思ったよりも解決する事件が多かったですな。長い。
とはいえ、これは……ハーレムという事なのでは……。爆発しろ!

●輝け、モ部! -Flash mob-
田口仙年堂さん担当作品。絵師さんはパセリさん。

主人公も大変だけど、モブだって頑張ってるお話。

青春を謳歌する主人公たちの周り必ず存在するモブ。
解説をする、逃げ惑う、やられてあげる、名前は無いが役割がある、
それを全力で頑張る部活、それがモ部。
という事で、とある名無しの青春物語。めっちゃ青いです。
全力で打ち込み、そして出会いがある。まさに部活動だなぁ、と。

●僕たちの部活動はまだ始まったばかりだ!
岡本タクヤさん担当作品。

冷遇された部活たちが選挙した、部室棟を解放すべく天才が勝負をかける話。

トンデモ部活の変態オンパレード。
そして、メタとパロディを勢いで押し通すコメディ力。
ひたすらアホな作品ですが、だがそれが良い。という事です。
ネタさえあるなら、そりゃー1冊だって出来ますよね。
という事で、なにやら単行本にもなってるみたい。ちょっと気になる…。

●地下迷宮の帰宅部
石川博品さん担当作品。絵師さんはnauribonさん。

異世界から召喚されたとあるダンジョン主がモンスター達の
コミュニケーション促進に部活動を導入するお話。

3回転くらい捻って周って、ようやく納得できる筋書きが見えた所で、
さらに捻りを食らって、HPの回復が追いつかないタイプの作品。
部活モノなのになぜ異世界ファンタジー……と思ったら、繋がりました。
ファンタジー×部活までは本当にイイハナシだったのだけど、なぜ……。

それでは、また。


関連

部活アンソロジー 「青」

コラボアンソロジー3 まじしゃんず・あかでみい

コラボアンソロジー2 “文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る

|

« ファミ通文庫『部活アンソロジー 「青」』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 6』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59305505

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『部活アンソロジー 「春」』:

« ファミ通文庫『部活アンソロジー 「青」』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 6』 »