« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 5』 | トップページ | ファミ通文庫『部活アンソロジー 「春」』 »

ファミ通文庫『部活アンソロジー 「青」』

2013年の夏恒例ファミ通文庫アンソロジー。
部活をテーマにした6編。

部活モノだったりラブコメだったり。
作家カラーと勢いに任せて、いろいろです。いや、楽しい。

表紙は霜月えいと氏ですが、作中にはいません。
男かと思ったけど……あれ、胸が……?

●B・E・T
更伊俊介さん担当作品。絵師さんはねりまさん。

大貧民部の2人が最後の賭けをする話。
ん? 今なんでもって言った? というベタな掛け金を乗せて、
最後の大貧民が始まります。

おい、小説で大貧民やってるぞ……。
学生さんからしたら当事者だろうし、社会人になったら懐かしくも思える、
みんな大好きトランプゲームの王道ですが、文章でしかも2人プレイとなると、
盛り上がってるような、そうでもないような?
私がかなり慎重な性格な事もあって、このチョンボはいかがなものかと……。

とはいえ「なんでも」のお願いがナカナカ可愛いじゃないですか。イイネ!

●宵下様探索部
綾里けいしさん担当作品。絵師さんは白井鋭利さん。

読書部かと思いきや、学校の怪談を追う宵下様探索部の顛末。

綾里さん、普通のラブコメを書こうとしたらしいのですが、
諸事情でいつものになったそうな。普通にホラーです?
とはいえ、なんだかんだと先輩ちゃんが良いキャラですね。
何この小動物。でも、大胆というか豪胆というか。
最終的にはやっぱり小動物ですけど。それが良い!

●理由なき反逆部の誰も知らない最初で最後かつ最大の戦いとその後日談
嬉野秋彦さん担当作品。絵師さんはAn2Aさん。

英語弁論部の夏合宿なお話。

部活モノですが、メインが先生です。
実習生という訳でもありませんが、おねーさん先生。ぐっと来ますな。
その先生に完全に手玉に取られる主人公。そしてもう一人の女生徒。

この意味不明な合宿のミステリアスさに、いわゆるおねティー的な
超常現象なのでは? と思ったりもしましたが、そんな事もありませんでした。
先生、冷静だけど実にはっちゃけてんなぁ。いいなぁ。

●たたくぶ
関根パンさん担当作品。絵師さんはNOCOさん。

軽音楽部に集った5人のドラム志望者が覇を競う話。

あらゆる意味で、どういう事なの……。という、ツッコミ不在のお話。
ヒロインさんの喋りが全てひらがなな時点で、いろいろと察するところは
あったのですが、最後の最後までボケ通すとは思いませんでした。
誰か突っ込めよ! 誰か突っ込めよ!!!

●バビ部!
櫂末高彰さん担当作品。絵師さんはhimesuzさん。

驚きの中に感動を。学校の悪戯部、バビ部のドッキリ大成功なお話。

階段部と良い、櫂末高彰さんのはっちゃけ部活動はすごいな。
普通に考えたら空気の読めない迷惑モノだけど、やっぱ「楽しそう」という
キャラクター達の勢いは大事ですね。
くそう、ハーレムかよ畜生! というアホ主人公も、短編でのこのオチだと、
なんだか許せてしまいます。ってか、続き読みたいんだけど……。

●サルと踊れば
佐々原史緒さん担当作品。絵師さんはNOCOさん再び。

女子目当てにフットサル部へ入ったら、地獄で天国だった話。

タイトル巧い! 座布団3枚持ってきて! と思ったのも束の間、
地獄のフットサル部からの、熱血ラブコメ急展開が非常に良かった。
サッカーとは違うのだよ、サッカーとは的な解説も興味深いし、
これ全国大会編とか、あるんじゃね? と思える余韻も良いです。
先輩のしごき、こんなもんじゃ足りませんよね?!

それでは、また。


関連

ホラーアンソロジー “黒”

ホラーアンソロジー “赤”

3分間のボーイ・ミーツ・ガール

|

« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 5』 | トップページ | ファミ通文庫『部活アンソロジー 「春」』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59272603

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『部活アンソロジー 「青」』:

« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 5』 | トップページ | ファミ通文庫『部活アンソロジー 「春」』 »