« ファミ通文庫『部活アンソロジー 「春」』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『棺姫のチャイカ 4』 »

富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 6』

瀬尾つかささんのオンライン冒険ファンタジー、6冊目。

短編連載は前巻で告知出てましたが、
コミック化もしてたんですね……。良い感じに階段上ってますか。

新拠点から始まる、新たなクエスト坂に胸がトキメイテ仕方ない話。
ただし、ジュンに限る。

RPGの醍醐味の一つ、新拠点での新イベント探し。
クエスト大好きっ子のジュンの楽しそうな事。

ようやくほっと一息のサクヤ達も、もやもやハーレムメンバーも、
イベントと言う名の大ピンチを脱したNPC達もそれどころじゃありませんが、
ジュンが楽しければいいじゃない精神で、癒されてる……のか?

前巻までの精神的にキツイ対人戦のプレッシャーから解放されて、
新ステージでの雑魚狩りLv上げだとか、イベント達成のための、
ダンジョン攻略だとか、普通に楽しいゲームゲームしたお話に。

色違いのモンスター、良いじゃないですか。
モデリング手抜きとかそんなの関係ないです。
カラーリングチェンジも立派なモデリングですよ。ですよ!
今回のダンジョンのラスボスも、読書だから予想は出来ましたが、
ゲームとしてプレイしていたら、絶対引っかかって死んで茫然としそう。
意地が悪い設定ですよね。

ハーレム関連も着々と何かが進行していまして、
サクヤさんのドヤ顔が意味深だったり、ユーカリアのドヤ顔が軽薄だったり、
リュカがドヤ顔だけ出てたりします。本人、PTにいないのにね。

かすみさんが正妻確定であるが故の冷遇を強いられているウチに、
その辺のメンバーが這い寄ってきていますが、ジュンの答えが出るのは、
いつになるやら。一応、聞こえないふりはせずに、向き合ってくれそうなので、
イラッとせずに見守っていられますが、長引くとちょっとどうか分かりません。

前巻からですが、新PTメンバー?として、チョコさんが入ってきていて、
前衛の厚さも人間関係も刺激が熱い。これは良い起爆剤。

一番、恩恵を受けたのがエリちゃんで、前巻、前々巻から引き続いている
うじうじモードを新たなおねーさんに癒され、良いキマシタワーが立っている、かも。

慰め役は他のメンバーでもしっかりやれそうな気がしますが、
ハーレムメンバー外だからこそ出来る、頼り甲斐があります。
お菓子に釣られててもフラグは立って無い。きっと。たぶん。

次なるは第三層への扉という事で、まだまだクリアへの道は遠いです。
いろんな意味で。

それでは、また。


関連

スカイ・ワールド 5

スカイ・ワールド 4

銀閃の戦乙女と封門の姫 1

|

« ファミ通文庫『部活アンソロジー 「春」』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『棺姫のチャイカ 4』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59322448

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 6』:

« ファミ通文庫『部活アンソロジー 「春」』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『棺姫のチャイカ 4』 »