« MF文庫J『精霊使いの剣舞 10』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『クロックワーク・プラネット 1』 »

MF文庫J『精霊使いの剣舞 11』

第二部、精霊剣舞祭編、完結。
……と聞いたので、ついに終わったのか! と思っていたのですが、
まだまだ終わっていませんでした。

この煽りでこの表紙なのに……紛らわしいな!

ついに明かされる、精霊王暗殺の理由。そして真なる敵の正体とは!

まー、引っ張りました。ようやく明かされるのか……と言う感じです。
いや、それもこの巻の一章を経てなので、かなりやきもきでした。

だってルビア様も変なフラグをたくさん立てやがりますからね。
ここまで完全無欠の超人っぽかったのに、カミトにやられ、クレアにやられ、
自暴自棄にまでなってしまっては、かつての見る影も無いデスよ。

このまま何も言わずに退場してしまうのではないかと、ハラハラしました。
というか、真の敵の名前が名前だけに、ここまで来てそりゃねえよ!!
と、うっかり叫びそうになりました。

せめてルビでも振ってあれば、もしや固有名詞なのか? と、
冷静になる事も出来たのでしょうが、しょうたいふめいのそんざい…みたいな
モンじゃないですか。

とは言え、この「世界」の説明はあまり厳格には説明されてないので、
この世ならざると言われても、どの世なんだよ……ってなモンですが。

とりあえず、教国の魔女?さんくらいしか手がかりなさそうなので、
第三部の舞台はそっちなんですかね。

まずは各精霊王さん達をそれぞれ救いに行くみたいですけど、
皆この水の精霊王さんみたいに、手籠めになりそうな人ばっかりじゃ
ないんでしょう? 野郎はどうでもいいしな。

そんな今までのまとめと、これからの種蒔きなつなぎの巻ですが、
大きな見どころとしては、ついに精霊サンドイッチが完成する、
という事にあります。

ああ、これが作者殿と絵師さんと編集さんの集大成なんだな……、
と思うと、感無量です。その執着、ホント怖い!

でも、サンドイッチの図より目次のデフォルメ絵の方が好きなんですが。
カミトさんなんて要らなかったんや!

それでは、また。


関連

精霊使いの剣舞 10

精霊使いの剣舞 9

精霊使いの剣舞 8

|

« MF文庫J『精霊使いの剣舞 10』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『クロックワーク・プラネット 1』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/59210453

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『精霊使いの剣舞 11』:

« MF文庫J『精霊使いの剣舞 10』 | トップページ | 講談社ラノベ文庫『クロックワーク・プラネット 1』 »