« ラノベ作家休憩所『流星小説。』 | トップページ | 電撃文庫『よめせんっ! 6』 »

講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 4』

杉井さんお得意のツッコミ探偵助手(学園編)な、
ラブコメミステリ、4冊目。

会長とキリカのキャラが濃すぎて、
なんだかビジュアル見慣れない美園先輩が表紙。
ボケ度数では随一なんですがねぇ……。

文化祭の前に体育祭。魔王と覇王の大バトルなお話。

体育科と、それ以外の生徒全員による紅白戦。
運営権と予算3000万円を賭けた闘い。

この、大前提となる設定がまず面白くてしょうがないです。
なんちゃって学園モノはやっぱりスケールがでかくないとですな。

そして技を競う出し物の方では無く、いかに楽しい=勝てる体育祭にするか、
その運営方針決定会議における、鍔迫り合い。

それぞれの陣営の陰謀が、個人の思惑が交差する場。
ここが、今巻の詐欺師ひかげ君の活躍の舞台です。

今までの事件解決的なミステリとはちょっと毛色が違い、
体育祭ならではの青春ノリが、すごく熱くて楽しい。

負け続けの体育祭運営委員に勝たねばならない、という筋で来つつ、
どういう体育祭にすべきか。と、ここで応える天王寺狐徹その人の、
王者っぷりがすごいのなんの。さすが生徒会長、マジ覇王。

そして対する体育祭運営委員、委員長こと魔王さまも、
狐徹に対峙するに足る、魔王っぷりですよ。
どちらも王者であり、悪役であり、見せ場たっぷり。実にカッコいいです。

そんな中で、ひかげ君は何をしているかと言うと……ツッコミです。

魔王、瀧沢瑠威那さんの世界観に対抗しうる、このツッコミスキルを見よ!
という感じです。まー、ツッコミスキルと言いますか、
そのお年でその知識があるってことは明らかに同類だって事ですよ。
ひかげ君も、ぼっち気味の男の子ですものね。うんうん。分かる。

ツッコミと言う意味では、キリカさんの方が鋭いというか、
それっぽい感じです。でもキリカさんは同類では無く見える。
なんでだろう、不思議!

今巻のキリカさんの見せ場は、探偵ドコロというよりは、
体育祭の方でした。出たこと自体より、ひかげ君の思惑通りというのが、
とてもポイント高いです。うさぎのひかげは……ツッコんだら、負け。

それでは、また。


関連

生徒会探偵キリカ 3

生徒会探偵キリカ 2

楽聖少女 3

|

« ラノベ作家休憩所『流星小説。』 | トップページ | 電撃文庫『よめせんっ! 6』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/58630111

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 4』:

« ラノベ作家休憩所『流星小説。』 | トップページ | 電撃文庫『よめせんっ! 6』 »