« 9月からの気になるラノベリスト | トップページ | 電撃文庫『サイハテの聖衣 2』 »

一迅社文庫『魔導書が暴れて困っています。 3』

魔導書回収ファンタジー。3冊目。

一区切りしてるわけでもないんですが、とりあえず一区切り?
盛り上がってきましたわー的な感じでもあるんですが。

魔導書を盗まれた怪盗と共闘して、異世界の竜とかと戦う話。

今巻のメインは新キャラ、マリーさんです。
読んで驚け見て驚けと言う感じで。

謙児のハーレムがまた一歩完成に近づいたというか。
お前もか! としか言いようがないです。

イリーナさんと同レベルの引きこもり体質という事で、
いろいろと面倒見甲斐のある奴なのですが、今巻のメインという事で、
イリーナさんよりも早く引きこもり脱却を目指すという、
あれれ……正妻は誰でしたっけ……? な展開。

まぁ、イリーナさんはあれで完成していると言ってもいいよね。
っていう、作者の思し召しですね。わかります。

ハーレム新属性(めがね?)として、パーティ新戦力として、
そして、なんだかんだで影が薄い理璃なんかとちょっといい感じだったりで、
物語のバランスもうまくとって便利に使われています。

イリーナさんも最後の最後ですっかり忘れていたメインヒロインの役を
思い出したかのような大活躍だったので、初め良し終わり良しの
終始にやにやしっぱなしの一冊でしたね。

唯一、クルルハルルがサブキャラとして一歩引いたギャグ要員の座を
確固としてきて(謙児に次いでおっぱいを語らせる役にさせられてかわいそう)、
ハーレムから抜けた感があるので、もちろん私がもらtt(以下略

それでは、また。


関連

魔導書が暴れて困ってます。 2

魔導書が暴れて困ってます。 1

放課後ランダムダンジョン

|

« 9月からの気になるラノベリスト | トップページ | 電撃文庫『サイハテの聖衣 2』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/58209951

この記事へのトラックバック一覧です: 一迅社文庫『魔導書が暴れて困っています。 3』:

« 9月からの気になるラノベリスト | トップページ | 電撃文庫『サイハテの聖衣 2』 »