« 電撃文庫『氷の国のアマリリス』 | トップページ | 一迅社文庫『魔導書が暴れて困ってます。 1』 »

電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12』

電撃の一大プロジェクトに上り詰めたシリーズ、最終巻。

アニメ2期で最後までという話だったので、慌てて山から発掘。

京介の、そして桐乃をはじめとしたヒロインズ達の大告白大会なお話。

物語としては完結でも、彼らの想いは終わっていない感じ。
ただ、卒業した。それだけというか。

前巻の引き的に、桐乃がツンツンデレデレしながら頑張るのかと
思っていましたので、初っ端からスカされた感。
桐乃さん、あんだけ大見得切ったのに……。

そこから、自分の選択肢を貫くために、バッタバッタとなぎ倒すのは、
まぁ、王道と言ってもいいんでしょうけどね。

という事で、各ヒロインルート。ネタバレ注意です。

●あやせ
ぶっちゃけ、一番綺麗な締めだったかと。
アニメTV放送最終回でここまでやっちゃったので、
唯一、初見が映像でしたが、あの一人時間差はあっちの方が断然映えますな。

京介一人暮らし時代も、いくらでも妄想の入り込む余地があるので、
あやせ派閥の人は割と満足の行く結末だった気が。

●黒猫
桐乃と双璧を成すと言えばこの人。京介の元カノです。

彼女時代の思い出回想とはまったくズルい事この上ない演出ですが、
アニメだと端折り過ぎてなんだか寂しい。
終わった後の切り返しが実に見事というか、切り替えがばっちりできてる、
……ように見えるのが、さすが黒猫。いや、闇猫氏。

彼女時代にここまでやっておいて振るという京介が、完全に極悪人です。
まぁ、振ったのは黒猫からだって言えば、それはそうなんでしょうが。

●加奈子
全く以て見事なダークホース。
意外に思いつつも、当然こうなるだろうな、という予感があり。

メインヒロインとは言えないまでも、きちんと舞台を整えて見せる、
そんな「強かさ」を地で行きますなぁ。
何がどう転んでも、この子は平気だ。そんな安心感。

●麻奈実
皆様ご存知のラスボス。

「キモチワルイ」という表現こそ悪ぶっていますが、倫理的に完全な正論。
結局、その言葉でしか語られませんでしたが、
修羅場の場面での麻奈実の心情なんかが、そのまま描かれたら、
それはそれで面白かったんじゃないでしょうかね。
これは……吹っ切れてないよなー……。


●桐乃

という事でメインヒロインの座を見事に射止めた実妹さん。

当初妹あるあるで始まったようなこのシリーズとしては、
この結末は唖然とされるような気がします。どうしてこうなった。
エロゲーマーあるあるとしては、こんなもん?
そこは現実と虚構で線引きしてる気がするんですが。

落とし所としては、まぁ、妥当なところに落ちた感はありますが、
京介は桐乃は、この後どう生きていくのやら。
他の人達は吹っ切れ所があるので、強くたくましく生きていくんだろうな、
と確信出来るんですけど。

読後直後はそこまで、まとまってないとは思ってなかったんですが、
こう書き出してみるとやっぱり納得してないんだな、私。

オタクネタを網羅し、千葉ってこういう事がある街なんだな、
なにそれこわい。と世に知らしめてくれた本作もこれにて完結。

とても楽しく読めました。ありがとうございました。

それでは、また。


関連

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 11

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9

|

« 電撃文庫『氷の国のアマリリス』 | トップページ | 一迅社文庫『魔導書が暴れて困ってます。 1』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/58111010

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12』:

« 電撃文庫『氷の国のアマリリス』 | トップページ | 一迅社文庫『魔導書が暴れて困ってます。 1』 »