« 5月からの気になるラノベリスト | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 3』 »

電撃文庫『ヴァルトラウテさんの婚活事情』

へヴィーオブジェクトのタッグで新シリーズ。
電撃文庫MAGAZINEで連載していた模様。

禁書だけでも早いのに次から次へと…。

人間に惚れられた戦乙女さんが、ツンデレデレデレデレする話。

よく分かる北欧神話。北欧神話でラブコメ。
と、そんな感じのコンセプト丸わかりな鎌池和馬さんらしい作品。

だいたいあってる、くらいの緩い理解が出来て嬉しく、
随分とぶっ飛んだ神々を見て楽しい、全編そんな感じです。

●ジャックと豆の木の背景は北欧神話である
ヴァルトラウテさんに惚れた人間の少年が、結婚を賭けて世界樹を上る話。

軍神としてのオーディンさんのスタンスが分かりやすいですな。
まぁ、これだとただのヒゲおやじなんですけど。
ヴァルトラウテさん強すぎですw

そして、この作品の根幹となる少年のモテ力。
さり気なくヘルさんも落として、この後に続くのかと思いきや、
ヘルさんの活躍はここだけだったよ!

●神々の武具は神々が作っている訳ではない
ヴァルトラウテさんの鎧を脱がすべく、ドワーフの国へ行く話。

ドワーフ、ドヴェルグの鍛冶スキルは割と有名な気がしますが、
その作った武器の「呪い」に関して、へーへーという感じ。
実際そうなのか現代語訳なんだか判別つきませんが、面白いのでよし。
フレイヤちゃんも、すげー鎌池和馬ナイズされててイメージががが。
金髪ツインテか……有りですね!

そして見逃せないのが、ドワーフの手になる触手機能。
何この取っ手付けた感たっぷりのファンタジー(?)要素……イイね!
残念ですがイラストは無いんですけどね。

●神族と巨人の違いはとてつもなく不公平だ
ロキと一緒に魔王スルトとお話して、ラグナロクを左右する話。

北欧神話と言えば外せないラグナロクのお話。
ゲームなんかでは敵方としてしか出てこない、巨人側の事情なんかも、
鎌池和馬さんらしくいろいろと解説という感じで。

いやいや、こんな簡単にラグナロク始まっちゃうのー!?
というくらい、あっさりと危機一髪の展開な訳ですが、
ついに少年君の幻想壊し発動、説得パートです。カッコいい!

●もはや水着回とか言っている場合ではない
新婚旅行で水着になったばかりに、世界がヤバい話。

カラーピンナップ、見開き使って頑張った戦乙女9姉妹水着総出演の話。

書き下ろしという事でいろいろと伏線回収もしてる鎌池和馬さんマジ汚い。
不死の林檎食べ過ぎて幼女になっちゃうヴァルトラウテさんマジあざとい。

展開としてはありがちっちゃありがち。
まー、ぶっちゃけ、フレイヤちゃんを雌豚呼ばわりしたかっただけのような、
そんな気がヒシヒシとします。

それでは、また。


関連

ヘヴィーオブジェクト 6

ヘヴィーオブジェクト 5

とある魔術の禁書目録 18

|

« 5月からの気になるラノベリスト | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 3』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/57357244

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ヴァルトラウテさんの婚活事情』:

« 5月からの気になるラノベリスト | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『スカイ・ワールド 3』 »