« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 5』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない CONNECT』 »

講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 3』

絵師さん繋がりで全世界的に盛り上がりそうな、
そうでもなさそうな、生徒会探偵、3冊目。

私の中では、ちょー盛り上がってますけどね!

キリカさんのこぼれる本音を聞きつつ、事件とボケに突っ込みつつ
ひかげの野心がむくむくと育ってきたお話。

カンニング事件、水着カードゲーム事件、
そして旧広報さん襲来の3本立て。

今巻の新たなひかげ被害者さん、ぴゅあぴゅあ楓花さん。
風紀委員って確かに、自分の学生生活で見た記憶がないけど、
学園モノにはつきものですよね。
だいたい単なる潔癖な人だったりしますが、その中では割と
人間味のある? 凄味のある? 面白い人でした。

前半のこのサブキャラにモテまくるひかげ君は、
ニマニマを通り越して、殺意を通り越して、やっぱり笑うしかないという
超絶ハイテンションでかなり腹筋をやられました。
ひかげ君は一つ一つ突っ込んでくれますが、
こっちの心情では全然ツッコミが追いつかない…。負けた気分…。

そんな中で勉強を教えるキリカさんも面白かったですが、
やはり何と言ってもハイパーウルトラデラックスレアのキリカさん、
すなわちスク水キリカさんがやばいです。

ひかげ(ウサギ)に水着選ばせる件も、非常に胸が熱くなりましたが、
人間の方のひかげさん、スルースキルまじぱねぇっす。
さらに遡って、会長や美園さんの水着姿も大変なことになっていますが、
これまたひかげさんのスルースキルががが…。どういう事なの。

福原先生が犯人なのはバレバレ…と思っていましたが、
もう一段の作者のミスリードにひっかかったのが悔しい。
あるいは私が勝手にドツボにはまっただけかもしれませんが。

そして、これで今巻終わりと思ったら、もう一つ。
黄金時代の広報。伊吹さん登場でした。

準レギュ増加かと思いきやなハイテンションっぷりを見せてくれましたが、
ギュッと締めるところを締める、恐ろしいお人。

完全にひかげを焚き付けるためだけに来てました。
今巻の最初に郁乃さんも言ってましたが、伊吹さんもとなるとこれで決定打か。
そこまでやってくれるか、非常に楽しみです。

それでは、また。


関連

生徒会探偵キリカ 2

生徒会探偵キリカ 1

楽聖少女 2

|

« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 5』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない CONNECT』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/57264695

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ラノベ文庫『生徒会探偵キリカ 3』:

« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 5』 | トップページ | MF文庫J『僕は友達が少ない CONNECT』 »