« ガガガ文庫『GJ部中等部 4』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 5』 »

ガガガ文庫『人類は衰退しました 8』

あにめこうかばつぐんだそうで、安定の8冊目。
AURAの映画も評判良さげだし、見に行こうかな…。

●妖精さん達の、ゆめであえたら
前巻で壊滅したクスノキの里から始まる、人間の順応力なお話。

まるまる1冊で1エピソード。
どころか、もっと長くなりそうな長編。

復興の一番の課題の話であり、拡張現実の素晴らしさの話であり、
そしてわたしちゃんの本気の話です。

復興の問題点? が生々しい。働かざる者ッ……。
でも、劇団無職が我らの味方。別に頼られてなくても楽しそうじゃん。

とはいえ、この辺はまー、茶番です。そのままの意味で。
わたしちゃんを困らせたいだけ、みたいな。特におじいさん。
Yは誰を困らせたいのかよく分かりません。…という事にしておきましょう。

拡張現実が出てきてからが本番ですな。
昨今の作品では結構流行ってる感じですが、実際は……どうなんでしょね。

道案内にお料理教室、そして睡眠導入と。ゲームにしちゃえば何でも楽しい!
と、便利そうなのに。もう数年後くらいに流行りますかね。
やっぱり機械越しのハードルが高いのか。
没入型じゃないと流行らないような気もするし、そうすると今回のこの事件に
発展する気がするし。

という事で、ヤンママさんがイイハナシ担当。
やらねばならぬ時のわたしちゃん、すごく頼り甲斐があって素敵。
妖精さんのビビりっぷりも相まって、この、いざという時の現実感。
えもいわれぬ気分。まさに奇跡の演出です。

さて、本当に珍しく次巻への引きで終わってますが、
……来年かなー。

それでは、また。


関連

人類は衰退しました 7

灼熱の小早川さん

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~

|

« ガガガ文庫『GJ部中等部 4』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 5』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/57227607

この記事へのトラックバック一覧です: ガガガ文庫『人類は衰退しました 8』:

« ガガガ文庫『GJ部中等部 4』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 5』 »