« 富士見ファンタジア文庫『消えちゃえばいいのに』 | トップページ | 幻冬舎文庫『植物図鑑』 »

電撃文庫『煉獄姫 6』

藤原祐さんのダークファンタジー、完結巻。
表紙見ていろいろと察せますな。これぞ王道。

ホント、藤原さんも丸くなったと言うべきか…。

いろいろと乗っ取り完了で得意満面なユヴィオールに対し、
敗走からの大逆転なお話。

囚われのアルト、能力を失ったフォグにキリエ。
どこからどうしたって大逆転出来ないだろ……という程に、
ぼっこぼこだった前巻でしたが、それでも大逆転で終わるのだろうと、
信じ切れるような表紙の笑顔が素敵です。

口絵カラーで草原とか書かれちゃうと、あれ……まさか天国END?
などと、疑心が首をもたげますけど、キニシナイ。
だいじょーぶだいじょーぶ……。だよね?

そんなこんなで、大逆転への大きな布石が見どころ。
すなわち、人造人間の製作者ローレンさんです。

前巻でユヴィオールが説明したアレコレからすると、お前も敵かー!!!
ってなもんで、全くあてにしてなかったのですが、
ところがどっこい良い話でございました。

テーマの一つだったであろう一つの愛の形、親子の絆ですな。
思ってみれば藤原さんの作品だと被造物ってのがよく出て、
なんだかんだでこういう展開が多いですが、思うところあるんでしょうな。
ベタではありますけど、やっぱいいものはいいです。

フォグ視点で語られたわけですが、キリエの方の救われっぷりで、
実にホッとしました。

その後は決戦という事で、まだ生き残っている人たちは
みんな動員、そして命を顧みない死闘という熱い展開。

敵方はまだそれこそ覚悟の上?でしょうけど、この劣勢状況からだと、
やはり味方も……という事で、ハラハラドキドキです。

ニーナさんなんて、また出てくるとは思ってなかったですよ!
この期に及んで、ユヴィオールのなんと小狡いこと。
完全生命として、奢り方を間違ってるというか。

それを経ての熱血展開、本当によかった。
エピローグを読み始める前に、脱力しましたです。

しかし、あとがきで藤原さんが煉獄の瘴気について、
アレと重ねてブルーブルーしてたと書いてますが、割と意外な発想でした。
そう言われてみれば連想出来ますが、あくまで魔法の域でしか考えて
なかったので。

ともあれ、いい作品をありがとうございました。楽しかったです。

それでは、また。


関連

煉獄姫 5

煉獄姫 4

@HOME 3

|

« 富士見ファンタジア文庫『消えちゃえばいいのに』 | トップページ | 幻冬舎文庫『植物図鑑』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56999567

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『煉獄姫 6』:

« 富士見ファンタジア文庫『消えちゃえばいいのに』 | トップページ | 幻冬舎文庫『植物図鑑』 »