« 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 1』 | トップページ | 3月からの気になるラノベリスト »

電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 2』

電撃版緋弾のアリアというか、そんな感じの一品。
アリアとの違いは……胸囲の格差社会?

赤松先生、何に目覚めてしまったんだ…。

魔少女さんを倒してちょーしこいてたら、大魔女さんに目をつけられた話。

義理の義理の妹が出てきた時点でその予感はありましたが、
義理の義理の姉さん登場回。ハーレム増えるの早いな!

1巻で戦った全員が落ちておるのに、2巻も2巻でまた……。
これが、恋と闘争の物語ってことなのか。

それにしてもお姉ちゃん押しでした。
いきなり出てきて、今巻のほとんどのイベントを一人でこなす、
ハイパーお姉ちゃんタイムです。

なんだか妹も消化しきれてない感じなので、すごくコレでいいのか感がします。
アリスベルとかビビとかもですが、妹ちゃんが特に疎外されてるよーな。

王道ハーレムは外してないので、まさしく只今中二病な人には、
いろいろと思うところがありそうで楽しいんですけど。

大魔女さんは負けフラグめっちゃ立ってましたが、
思った以上に静刃くんがカッコよく描かれていたので無問題。
びっくりドレイン、効率が良いんだか悪いんだか…。

それよりも鴉さんの方が、実にそそるアレでした。
大魔女さんだけでこの1冊終わるのかと思いましたが、なんとか。

しかし、鳥型、神の使い?、高高度からの精神汚染ときては、
いろいろと言い訳が効かない気がしますが、キニシナイ。

そこで槍を投げずに、大気圏突破していくのが赤松先生です。
ロケット使いたかっただけだと思いますけど、カッコ良ければ
何でもいいのです。

ただ、本当に欠片全部持ってるのはどーなんですか。
あっさり獏さん殺された以上にびっくりです。

次巻、最終決戦!?

それでは、また。


関連

やがて魔剱のアリスベル 1

緋弾のアリア 11

緋弾のアリア 10

|

« 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 1』 | トップページ | 3月からの気になるラノベリスト »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56835438

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 2』:

« 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 1』 | トップページ | 3月からの気になるラノベリスト »