« 電撃文庫『へヴィーオブジェクト 6』 | トップページ | 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 2』 »

電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 1』

赤松中学先生、電撃入り。

『緋弾のアリア』と同じ世界観……ですが、こっちは
最初から魔法も超科学もあるんだよ、な感じで。
中二病全開な恋と闘争の日々、なお話。

うっかり入れられた異能者ばかりの学校で、恋とバトルなお話。

全力にならない主人公が、才能ある女の子に囲まれて、
異能バトルに巻き込まれて、嫌よ嫌よと本気を出さざるを得ない。

みたいな、テンプレ通りの展開。王道なお話です。

主人公の心の移り変わり(?)が、全力で大人ぶった子供で、
見ててひじょーに香ばしい。
そして、ヒロインさん達もかなりちょろいので、感動するとか
そういった事はないのですが、まー、ニヤニヤしますわな。

それぞれの技もしっかりばっちり解説します。
魔法少女も単なる超能力チックになってますが、
だいたい、緋弾のアリアと同じですな。

いろいろと思いついちゃったんだな、仕方ないな。
と生暖かく見守るか、一緒になって考えるか。

超思考のアレがゲームベースになるのは面白い発想だなと思いました。

アクションバトルな動作に関して、シンプルになるのは良いとして、
ギャルゲのパラメータは本当にそれ分かってたら、いろいろおかしいような。
そもそも恋心の横取りで、鈍感になるってのも、
イマイチよく分からなかったんですけれど…。

分からなくなるという事は、アリスベルから奪っているのではなく、
静刃から奪っているの、か? まぁ、それも主人公の定め也。

ヒロインさん達は、ツインテールと巨乳が今シリーズのテーマみたいで、
どいつもこいつもという感じに。そんなに好きだったのか!
まぁでも、後の方になると、どうでもよくなってそうだ…。

緋弾のアリアとの繋がりですが、とりあえず、
平賀さんがメカ担当だったのと、レキが師匠っぽいくらいか。
藍幇も出てきてますが、特にこれから何か絡むような感じではない…。

それでは、また。


関連

緋弾のアリア 9

緋弾のアリア 8

緋弾のアリア 7

|

« 電撃文庫『へヴィーオブジェクト 6』 | トップページ | 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 2』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56781918

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 1』:

« 電撃文庫『へヴィーオブジェクト 6』 | トップページ | 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 2』 »