« MF文庫J『一年十組の奮闘 2』 | トップページ | 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 1』 »

電撃文庫『へヴィーオブジェクト 6』

ホントはナンバリングではなく『第三世代への道』だけど。

鎌池さんも一気にシリーズ増えてきちゃって、
いかに書くペース早くても、大変そうです。次巻マダーの大合唱。

全部買ってるのけど、ほとんど積みっぱなしなので問題ないですが。

むちゃくちゃやり過ぎてついに左遷されたお二人が、
オブジェクト設計士さんの護衛したり、謎の物資回収をしたり、
捨て駒部隊に配属されたりする話。

主人公が戻ってきたかと思ったがそんな事なかったぜ!

という事で、無双するにはするのですが、主人公が主人公でない
外伝的な位置付けっぽいお話でした。お姫様出番なし。

●クック追加諸島方面諜報戦
オブジェクト設計士さんの護衛かと思ったら、設計士さんが怪しかった話。

クウェンサーとヘイヴィアが左遷という、ありそうで無かったシチュ。
営倉入りでなくて無駄弾撃ちという、新しい形の反省にハッとしつつも、
でもやっぱり、タンクトップ一丁だったり、水着に白衣だったりの、
ヒロインさんはちゃんといて、反省になってるんだかなってないんだか。

敵のレベルを考えると、劣勢どころの話じゃありませんが、
難なく一掃しちゃうヘイヴィア君、超かっこいい。

●アサバスカ方面輸送戦
偽装された部隊で偽装されたミッションで、重要任務なお話。

秘密のミッションというとカッコいい気がしたけれど、
なるほど、誰にも知られず消すためにも使えるのか……。
という事で、それはそれとして。

ホーミングレーザーでたああああああ!
チャフ散布で、任意屈折とかホントにできるんですかねぇ!?
カオス理論的に考えて。でも、夢で胸いっぱいです。

ベイビーマグナムは出てきたけど、お姫様の出番なし。
さびしい……。

●アマゾン方面砲撃戦
王族のオブジェクトを使った決闘を見守るはずが、
本物のお姫様があまりに可憐で、さぁ大変な話。

怪しさ爆発だったユニコーンの真相が明かされて、めでたしめでたし。
な訳ですが、クウェンサー君もヘイヴィア君も完全にお邪魔虫。

強いて言えば、この最後の作戦でお姫様の護衛が出来たくらいが功績で、
それ以外のアレコレは、まったく無駄だったというオチが素敵。
いてもいなくてもいい、彼らは主人公では無かったと。

しかしまー、もうちょっとお姫様活躍してもいいと思います。
王族という完全なチート属性なので、逆に動かしにくそうですが、
せっかく表紙なんだし!

代わりにメイドさんがセクハラされてましたが、
お姫様が一緒でもよかったと思うのです。
でもって、エリートの方のお姫様に蹴っ飛ばされるオチ。期待してたのに!

それでは、また。


関連

ヘヴィーオブジェクト 5

ヘヴィーオブジェクト 4

とある魔術の禁書目録 18

|

« MF文庫J『一年十組の奮闘 2』 | トップページ | 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 1』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56781797

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『へヴィーオブジェクト 6』:

« MF文庫J『一年十組の奮闘 2』 | トップページ | 電撃文庫『やがて魔剱のアリスベル 1』 »