« 電撃文庫『さくら荘のペットな彼女 8』 | トップページ | 電撃文庫『@HOME 3』 »

角川スニーカー文庫『おおかみこどもの雨と雪』

去年夏に公開された、細田守監督の映画。その文庫版。

ストーリーそのままなので、単純に媒体の違いみたいな感じで。

おおかみおとことのハーフ、雨と雪を育てるお母さん、花の物語。

雰囲気的なところは、ほぼ映画そのまま。
恋をして、別れを経験し、子供を育て、また別れといろいろ大変です。

映画で特徴的だった激しい動きが見られないのはちょっと寂しいですが、
各キャラの心情は文字ではっきり読めるので分かりやすくなってますかね。

見どころも、だいたい映画と同じで、
やっぱりお引越し前後の花さんの追い詰められっぷりとか、
小学校での雪さんの追い詰められっぷりとか、
覚醒雨さんに追いすがる花さんの追い詰められっぷりとか。

……なんだか、切ないところばかりが印象に残ってますな。
にこにこ笑ってる所ほど、「見た」方が一目瞭然ってことでしょう。

思いのほか、映画版と小説版だと感想は違うのかもしらんです。

スニーカー版と、角川文庫版は、何が違うのかな……。イラスト?

それでは、また。

|

« 電撃文庫『さくら荘のペットな彼女 8』 | トップページ | 電撃文庫『@HOME 3』 »

01_角川スニーカー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56500342

この記事へのトラックバック一覧です: 角川スニーカー文庫『おおかみこどもの雨と雪』:

« 電撃文庫『さくら荘のペットな彼女 8』 | トップページ | 電撃文庫『@HOME 3』 »