« 角川スニーカー文庫『サクラダリセット 7』 | トップページ | 電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 11』 »

電撃文庫『キノの旅 16』

アラビア数字表記だと何巻なんだかよくわからない、
でお馴染みの(?)ロードノベル、16冊目。

新たな旅の仲間にフォトが増えたよ!
まぁ、定住してるから『旅』の仲間ではないけど。

●昼と夜がある国
昼夜が逆転している国に入った3組の旅人なお話。

お話そのものよりも、太陽光発電と揚力発電出したかっただけですよね!
それぞれのメンバーでは、キノがさすが過ぎる。

●転がっている国
放棄された国を歩いて、エルメスに変形を求めるキノなお話。
エルメスなら、エルメスならきっとなんとかしてくれる…!

この国の人達は順番を間違えちゃった、のかな?
あるいは、外の事なんて考えなかったのか。

●死人達の国
謎の奇病によって「生ける死者」だらけになってしまった国のお話。

そして蔓延を防ぐべく、発症者を全滅させる部隊に、
キノが混ざって、撃ちまくるわけです。

それなんてバイオハザード? ですが、
銃が大好きならこういうネタやらいでか、という事でしょう。

撃つ方にも撃たれる方にもドラマ作って、読み物的になってますが、
私としては、これはホラー。赤ちゃんゾンビが怖すぎ……。

●育てる国
ティーを養子にとせがむ夫婦が表れ、シズ様が悩むお話。

まぁ、ティーのお別れとか、もうまったく想像できませんけどね。
はいはい、茶番茶番。ってなもんですが、まさしくそのもの。

この茶番を見て、ティーが「おもしろい」と評すのが、
意外とティーも大人だな、と感動した。

●飲酒運転の国
とある国の名産スポーツ「飲酒運転」を楽しむ人たちの話。

安全運転ルールはまだハンデ戦みたいなゲーム感覚が分かるけど、
破壊運転ルールはこれ本当に大丈夫なのか……。

でも、ガス抜きの意味では、破壊運転ルールもないとダメなのか。

●血液型の国
血液型占いが大流行な国のお話。

話のネタにはなるけれど、信憑性はどうなの? と思う事しきりな、
血液型による性格診断。まぁ、こんなもんだよね。

どうとでも取れるということなのか、当たった時だけを信じてるのか、
どれかの説には当たるだろってことなのか。

●恋文の国
プロローグ・エピローグ。
近くの国で亡くなったある旅人の最後の手紙を届けるお話。

気持ちがすれ違い、国を離れた旅人と、旅人と残された国の人。
割と単純な人間ドラマなわけですが、ケイトさんが「お兄ちゃん」
とつぶやくところで、グサッと来ました。何という破壊力…。

しかし、この話…死者達の国に絡んで、かゆうまな手紙を
書きたかっただけのような、そんな気も。

●フォトの日々「見えない真実」
少年からの依頼で、家族写真を撮りに出かけるフォトなお話。

独り暮らしを前にした少年のその依頼に、何故か乗り気でない家族。
そんな、メグセロ的な日常謎解きモノ。

望遠がすごいというか、作戦がすごいというか。
見えなくても、幸せなら。それは正しいのかどうなのかだなぁ。

●フォトの日々「残されたもの」
雪景色を撮るべく、山に出かけるフォトなお話。

山奥の寒村で笑顔と涙を撮るフォト。写真のあり方?

地震の余波を受けて……ですかね。やはり。
残して覚えておくべきか、残さず忘れてしまうべきか。
知識としては覚えておく方がプラスなのは間違いないけれど、
感情を考えると、人それぞれ考え方が違うというか。

それでは、また。


関連

キノの旅 15

メグとセロン 7

答えが運ばれてくるまでに

|

« 角川スニーカー文庫『サクラダリセット 7』 | トップページ | 電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 11』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56381918

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『キノの旅 16』:

« 角川スニーカー文庫『サクラダリセット 7』 | トップページ | 電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 11』 »