« 電撃文庫『デュアン・サークⅡ 12』 | トップページ | 電撃文庫『デュアン・サークⅡ 14』 »

電撃文庫『デュアン・サークⅡ 13』

勇者のお話どころか、人類とモンスターとの大決戦な
大冒険譚、21冊目。

本当なら?これが最終エピソード予定でしたが、まぁ、終わる気配ないよね……。

闇魔への対抗スペル、シドの剣、デュアン君Lvアップ、
そして、エベリンでの大攻防。

あちこちの舞台でドラマが繰り広げられて、話のつながりが複雑に。

シドの剣がらみでルカ島のレッドドラゴンが出てきたり、
エベリン攻防でデュアン君のお兄さんゲイリーが出てきたり、
なんだか懐かしい名前が立て続けで、いやー、ワクワクしてまいりました。

特にレッドドラゴンは本当に懐かしい!
初期シリーズの3,4巻なんて、それこそ10年以上前……。
金目銀目でその辺の懐かしいフラグは回収終わったと思ってましたよ。

アニエスさんもいろいろ整理がついたようで、
デュアン君復活ハグが微笑ましいです。見せつけやがって!

そんなこんなでスペルにシドの剣、デュアン君と、
闇魔対抗アイテム(?)がそろっての、ラストダンジョン攻略か、
と思いきや、まさかのエベリン大決戦。

いつから――ラストダンジョンにラスボスがいると錯覚していた?
いや、確かにルルフェ、エベリンで目撃されていましたけども。
デュアン君はタイミングが良いのか悪いのか……。

そんな訳でオルバ、アニエス、ランド、ルイーザ、
クノック、オパールの大穴組。

デュアン、チェック、クレイ・ジュダ、金目銀目、サヴァラン先生、
ロンザ国王とゆかいな仲間たちのエベリン組。

この2つの決戦舞台になる模様。

それでは、また。


関連

デュアン・サークⅡ 12

デュアン・サークⅡ 11

デュアン・サークⅡ 10

|

« 電撃文庫『デュアン・サークⅡ 12』 | トップページ | 電撃文庫『デュアン・サークⅡ 14』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56255969

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『デュアン・サークⅡ 13』:

« 電撃文庫『デュアン・サークⅡ 12』 | トップページ | 電撃文庫『デュアン・サークⅡ 14』 »