« ガガガ文庫『人類は衰退しました 7』 | トップページ | 電撃文庫『キノの旅 16』 »

角川スニーカー文庫『サクラダリセット 7』

誰もが一つ能力を持ち願いが叶う。

始まりの大人たちの話、そして、今いる子供たちの話。
ついに完結です。

能力が消えて町を出るケイが、能力を取り戻すまでの話。
そして、全てを戻してまた三人の話。

この最後の1冊の中でもそうだし、ここまでの7冊においてもそうだし、
全てが一つながりになって綺麗にオチて。いや、実にすごい。

非常に清々しい気分になりますな。

なんだかんだで数年のお付き合いでしたが、
こんなの書きながら無理だろうと、そんなオチだったのですが、
やっぱりこの最後までを考えて、7冊目まで来てるんですな。
あとがきに書いてありました。

そんなこんなで、今巻は見どころばっかりです。

能力の無くなった街での日常、そして街の外。
浦地さんとの再対決、そして三人の物語と。

でもやっぱり、能力の無くなった街でのケイの行動が
一番、心に来ましたです。いろいろ複雑なモノが混じり過ぎて。

単なる過去の清算だってだけじゃない、その理由がわかった時、
得心がいったどころか、頭真っ白クラスの驚きがありました。

そこからの反撃、浦地さんとの追いかけっこは、
浦地さんの負けフラグがこれでもかってくらいに屹立していたので、
どっちかってーと、岡絵里がデレてるところに気になってました。
これはこれで続きが気になるというか。

最後の三人、これがこのシリーズの本筋な訳ですが、
まーた、非常に遠回りな解決(?)だったという事で。

作者の言うとおり、誰もが通るごくごく当たり前の悩みなんでしょうけど、
世界をひっくり返すほどに悩んで悩んで、こうなっちゃうと。

王道で、それだから美しい。青春ですな。

評すなら「綺麗」と、それしか言葉が思いつかない、
そんなシリーズでした。ありがとうございました。

それでは、また。


関連

サクラダリセット 6

サクラダリセット 5

サクラダリセット 4

|

« ガガガ文庫『人類は衰退しました 7』 | トップページ | 電撃文庫『キノの旅 16』 »

01_角川スニーカー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56379496

この記事へのトラックバック一覧です: 角川スニーカー文庫『サクラダリセット 7』:

« ガガガ文庫『人類は衰退しました 7』 | トップページ | 電撃文庫『キノの旅 16』 »