« MF文庫J『精霊使いの剣舞 7』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 10』 »

MF文庫J『精霊使いの剣舞 8』

実に見事なπ/。レオノーラさんここで表紙なんかい。

という事で(どういう事で?)、エレメンタル・ファンタジー8冊目。
今回はバトル少な目のデート巻。幕間の短編集ちっくな一日。

予選突破後の祝勝会で全員集合だったり、
カミト君の過去編だったり、クレアとリンスレットの過去編だったり、
本題である(?)レオノーラさんとのデートイベントだったり。

厳しい戦いのあとの休憩巻ですな。気になる伏線を過去編で回収しつつも、
この後の決戦で使うだろういろいろな伏線を張り張り。

●祝勝会
予選終了だよ! 全員集合! な話。

この直前のプロローグまでが予選なわけですが、
それが一番、予選ルールであるチーム戦っぽい。

さておき祝勝会。リンスレット妹、ミラさん、四神の皇女様と、
最強の布陣で臨んでいます。エストもいるよ!
すごく……偏っています……。だが、それがいい。

ミラさんイラスト化とか今さらですが、よくやった! という感じです。
6巻では微妙な引き際でしたが、あっさりメイドに落ち着いちゃって……。

●魔女と暗殺者
カミト君の過去編。
黄昏の魔女にしごかれるカミト君です。性的な意味で。

という事で、暗殺者として荒んだ心を、
大人のお姉さんが癒してあげようというお話です。
レシティアさんはいません。

過去編という事で、ショタカミト君と思ったかもしれませんが、
残念! メイドカミト君でした! …どういうことなんだぜ。
さすが、幼少期。なんでもありだな。

グレイワースさんも、なんだかよくわかんないことになってますが、
あまり深い意味はないんだか、今後明かされるんだか?

●氷魔と火猫
引っ込み思案なクレアと、お姉さんぶったリンスレットの出会いの物語。

過去編という事で、ロリクレア&ロリンスレットと思ったかもしれませんが、
大正解です! ひゃっほい!

いやいや、性格違うだろうというカミト君の的確な突っ込みがある通り、
このほんわか感は、まさに幼少期の醍醐味ですな。
クレアの面白い顔が可愛すぎて、もう!

リンスレットさんも非常に子供らしい無謀さで、突っ込みが追いつきません。
この話を聞いてるカミト君はそっちには突っ込まなかったのかな…。

●デート・ウィズ・ドラゴン
竜皇騎士団長、レオノーラさんの心のもやもやを払うべく、
カミトさん市中引き回しの刑な話。

ウブ、巨乳、はいてない、と三拍子そろったレオノーラさんの破壊力。
そして、それをつけ回すフィアナさんとクレアの黒いオーラ
さらに、湖で遭遇するミレーユとミラの水着。

どうしてこうなった……と言わざるを得ません。
つい胸をまさぐっちゃうカミトさん、マジ昼の魔王。

レオノーラさんはこのデートでいったい何を悟ったというのか。
私、気になります!

●決戦前夜
意味深に表れた黄昏の魔女さんとの修行なお話。

というか、もうエピローグの一部ですな。

ちゃんと3チームそれぞれと戦うのか、
煉獄チームとの直接対決でうやむやにするのか。

それでは、また。


関連

精霊使いの剣舞 7

精霊使いの剣舞 6

精霊使いの剣舞 5

|

« MF文庫J『精霊使いの剣舞 7』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 10』 »

04_MF文庫J」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56112974

この記事へのトラックバック一覧です: MF文庫J『精霊使いの剣舞 8』:

« MF文庫J『精霊使いの剣舞 7』 | トップページ | 富士見ファンタジア文庫『H+P―ひめぱら― 10』 »