« アスキー・メディアワークス『パンチラバーズ ひもぱんフレンズ』 | トップページ | 電撃文庫『アイドライジング! 4』 »

講談社ノベルス『少女不十分』

『この本を書くのに、10年かかった。』と、
何そのワクワクする煽り! な、西尾維新書き下ろし…ミステリ?

ちょっとヘタレな大学生が少女Uに監禁されるお話。

とにもかくにも、これは一体何の話なんだ? と疑問符が
いっぱい頭に浮かぶだろう、いろいろと挑戦的な物語です。

あらゆる情報ノイズの中から伏線を探すというミステリ?
最初の方を読めばすぐわかる通り、ひたすら脱線し続けるので、
忍耐力がちょっと必要です。

まさしくびっくり箱な感じで、来るのはわかっていても、
いつ来るのか、どう来るのかが読めずにハラハラ(?)します。

脱線ボケが入るので、シリアスかというとそうでもない気がしますが。

あとは主人公がものすごく西尾維新その人に見える作りなので、
どこまで本気にしてよいやらが、すごく楽しい。

このような誘拐事件があったとか、トラブル巻き込まれ体質とか、
さすがにウソだろww と分かる所もあれば、
どのように今までの物語が出来たとか、文章を書くコツとか、
あれ、マジ…? どっち!? と迷うところもあり。

読み終わってみれば、ものすごく作者意図が見えやすいですが、
まー、読者の純情を弄ばれてますなー。

これまた作者の思惑通りでしょうが、U・U(仮)
一番、あとから悔しかったです。こんなことでびくんびくん。

それでは、また。


関連

猫物語(黒)

零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係

真庭語

|

« アスキー・メディアワークス『パンチラバーズ ひもぱんフレンズ』 | トップページ | 電撃文庫『アイドライジング! 4』 »

06_講談社ノベルス・BOX・ラノベ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/56192026

この記事へのトラックバック一覧です: 講談社ノベルス『少女不十分』:

« アスキー・メディアワークス『パンチラバーズ ひもぱんフレンズ』 | トップページ | 電撃文庫『アイドライジング! 4』 »