« 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 3』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 5』 »

電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 4』

そういえば常夏って設定でしたね。夏服万歳!

な、三雲岳斗さんの学園ラブコメと見せかけた異能バトル。

那月ちゃんが学生服コスして釣られクマー! なお話。
ああ、いや……ホントはハロウィンで魔女子さんなお話なんですけどね。

那月ちゃんといえばゴスロリ幼女。そう思っていた時期が私にもありました。
でも、この巻を読んで考えを改めました。

制服でもいい。人間だもの。それくらい衝撃的な掴みでしたが、
本編にはあんまり関係ありませんでした。どういうことなの……。

本当の本編は、ハロウィンパーティーイベントで仮装する古城ハーレム一行と、
新ヒロインのボクっ娘の優麻さん暗躍な訳です。

優麻さん、幼馴染みです。来ました。来てしまいました。
イラストなければ、もしかして男友達なネタも出来たんでしょうけど、
『魔女の娘』と紹介されちゃってますからね。
古城君ちょっとスルーし過ぎだろと逆に不自然なくらいです。

この娘が今回のいけにえ……もとい、血を捧げる人なのかー、
と思っていたら、それどころじゃねぇという展開にはびっくりでしたが、
最終的には時間の問題かなという感じでホッとしました。

その他の古城ハーレムは、浅葱さんが古城の後ろめたさを盾にグイグイ来るのと、
雪菜さんが完全に正妻ポジションを手放さない立ち位置で安心なのと、
安定感あるイチャラブっぷり。

なんですが、ここで躍進。夏音ちゃんでした。こっちが先かー!?
ベッドルームにバスルームと、立て続でしたものね!

全然フラグ立ってなさそうなのが、さすが古城君ですけど。
アスタルテも……もっと頑張って!

と、あえて笑い飛ばそうとしてるんですが那月ちゃんががが。
今巻で何よりも意外なのがホントこの人ですよ……。どうしてこうなった!

それでは、また。


関連

ストライク・ザ・ブラッド 3

ストライク・ザ・ブラッド 2

アスラクライン 14

|

« 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 3』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 5』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55914484

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 4』:

« 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 3』 | トップページ | 電撃文庫『ストライク・ザ・ブラッド 5』 »