« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 3』 | トップページ | 電撃文庫『輪環の魔導師 9』 »

HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 4』

幕間のオオダイラ・ガイアワーがマジキチでお馴染みの
フリーダム23世紀ラブコメ。

さらに1000年後、三十八世紀にも迫る第4巻です。

実妹ちゃん本格参戦という事で、夏のイベント総特集なお話。
家族会食、海辺でキャッキャウフフ、そしてお祭り。

「恋を知るべき」という助言を受け、変わろうとするお兄ちゃんに、
まぁ、これまでのド鈍感っぷりを許してあげなくもないかな、と思いつつも、
やっぱりうぜえですこいつ……なチキンっぷり。

そんな中でユズさんが外堀攻略してたり、アマネコちゃんが噛ませ犬だったり、
クロハ決断の時がジリジリ。

ここまでクロハを追い詰めておいて、まさか両親からの砲火が来るとは、
思いませんでしたな。
全然「今だから笑って言えるけど」じゃないです。冷や汗冷や汗。

クロハのそれと、ユズさんのお悩み相談で、オオダイラ先生のセッティング、
完全にスルーだったけど、特に可愛そうとは思わない。変態だから。

この両親公認補正で、出番のなかったユズさんが一気に間を詰めてきましたが、
アタックはかけないという微妙な立ち位置。
ダークホースというか、ラスボスというか。溜めっぷりが怖い。
真っ当なラブコメならユズさん以外の選択肢があり得ないんだけど、
この本まったく真っ当じゃないから……。

クロハの方は落とし所を見つけてしまったので、
お悩みはまだまだ長引きそうな雰囲気。しかし……えろい。
お兄ちゃんの甲斐性がこんなんとはいえ……、それご両親納得しないのでは。

あとなんだか未来人がやって来てましたが、あまりにも「なん…だと…」
過ぎて、笑いどころを逃しました。
パンス党って言いたかっただけ感ひしひし。
でもこれが今後の大きな伏線なんです……よね? どうするんだ…。

それでは、また。


関連

僕の妹は漢字が読める 3

僕の妹は漢字が読める 2

僕の妹は漢字が読める 1

|

« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 3』 | トップページ | 電撃文庫『輪環の魔導師 9』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55786229

この記事へのトラックバック一覧です: HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 4』:

« HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 3』 | トップページ | 電撃文庫『輪環の魔導師 9』 »