« ラノベ作家休憩所『中性小説。』 | トップページ | メディアワークス文庫『妄想ジョナさん。』 »

富士見ファンタジア文庫『おおコウスケよ、えらべないとはなさけない! 2』

ルート分岐しないままの“究極の選択”ラブコメ。
2冊目にして完結。

変人奇人たくさん出した割には早いけど、
あんまり引っ張って爆発しろと言い続けるのもアレかもしれませんし。

コウスケが彗と仲良くなるのを見て、殿村さんがアレな想いを抱え込んだり、
チラホラよぎる螢の影に彗がアレな想いを抱え込んだり。

コウスケはコウスケで螢に操を立ててアレな想いを抱え込んでますし、
いやー、実に青春ですなぁ。という感じの2巻でした。
彗と螢の正体ももちろん明かされるけど、そっちはちょっと駆け足かな。

螢というココにいない人間に勝とうとする殿村さんやら彗やらといった、
いじらしい女の子の葛藤がすごく素敵。

ビジュアル勝ちかもしれないけど、マジ天使Ver殿村さんは本当にすごかった。
どれだけの決心を固めたらこうなるのかと。
それでいて、螢には気後れしちゃうとかホントいじらしいったら!
この変わりようにクラスメイトは本当についていけてるモンか怪しいけど、
このあといじめられたりとかしませんかね。天使だからセーフ?

彗の方も正体がアレだと分かるとまた感想は違うのかもだが、
担当パートでのイケイケっぷりはかなりの上策だったかと。
あれ……これ押しきれますよね? コウスケ堕ちますでしょ、と思いましたもの。

顔が似てるそっくりだとか言われても、確かにそんなバカなと思いますよねぇ。
ラノベ脳である我々読者はそこら辺の感覚おかしくなってますが。

コウスケもただ鈍感なだけだとイラッとくるモテっぷりな所を、
中学生のころの彼女という言い訳で、戦い抜く姿勢はちょっとカッコ良い。
VS殿村さんでは爆死しましたが、アレは殿村さんが強すぎただけだし。

決してヘタレではないはず……なのに、どうしてこうなったが最後の絵です。

これは選べなかったということなのか……?
両者納得してればいいのかな。難しい決断でした。

さておき。短いながらも良いお話でした。ありがとうございました。

それでは、また。


関連

おおコウスケよ、えらべないとはなさけない! 1

|

« ラノベ作家休憩所『中性小説。』 | トップページ | メディアワークス文庫『妄想ジョナさん。』 »

02_富士見ファンタジア・ミステリー文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55563929

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ファンタジア文庫『おおコウスケよ、えらべないとはなさけない! 2』:

« ラノベ作家休憩所『中性小説。』 | トップページ | メディアワークス文庫『妄想ジョナさん。』 »