« 一迅社文庫『征王の迷宮塔 2』 | トップページ | ファミ通文庫『“若紫” ヒカルが地球にいたころ…… 3』 »

ファミ通文庫『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ…… 2』

ずっと積んでおいてなんですが、言わせていただく。
ドラマCDきたーーーーー!! TVアニメシリーズ来るか?

という事で、野村美月さんの代理告白なシリーズ2冊目。

ヒカルがかつて会っていた引きこもりな少女を任されるお話。

恋といじめと、複雑に絡まった過去の人間関係をほどいて、
少女のためにどうしたらいいかまでを考える是光君カッコ良い!

前巻の葵さんの時はヒカルの気持ちを伝えるべくかけずり回った、
その友情的熱血さに引き込まれた訳ですが、今回は純粋に是光君のお話で。

寂しそうな女の子に出会って、なんとかしてやりたいとかけずり回る、
その過程は大体同じでも、ヒカルがおちょくらない所為で、
すっかり本気と書いてマジと読む、恋する是光君の完成ですよ。

なんだよ、是光……お前も男だったんだな……。と、複雑な気分です。
代理という事で、是光自身は見てもらえない、寂しい人生を歩むものだと、
思っていたので、2巻にしてこうなるとは思ってもみませんでした。

なにより、これじゃ帆夏さん勝ち目ないじゃんよ。
自分だけすごい勢いで意識してる可愛さ。この風格はまさにななせ。
ホント、頑張ってほしいんだけど……、ここで告白来るって事は、
いったい何がどうなるのだ? 無かった事になるんだろうか。
それあんまりです><

葵の上も物語上ではさっぱり出てこなかったのに、最後で参戦予告してて驚愕。
頭条さんが対抗馬で誰か貰ってくれると良かったんですが、
ただのお兄ちゃんかよ! 男の娘にキュンキュンしてる場合じゃねえよ!

夕雨さんの問題解決に関しても、
暗く小さく、でも平和な一部屋と、明るく大きな、でも混沌とした外側。
そんな割と当たり前のテーマでしたが、花の描写で実に鮮やか。凄いです。

これだけのモテ教養があれば……そりゃ皇子ですな、ヒカルさん…。
とても……負けた気分です……。

それでは、また。


関連

“葵” ヒカルが地球にいたころ…… 1

半熟作家と“文学少女”な編集者

“文学少女”と恋する挿話集 4

|

« 一迅社文庫『征王の迷宮塔 2』 | トップページ | ファミ通文庫『“若紫” ヒカルが地球にいたころ…… 3』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55721769

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ…… 2』:

« 一迅社文庫『征王の迷宮塔 2』 | トップページ | ファミ通文庫『“若紫” ヒカルが地球にいたころ…… 3』 »