« ファミ通文庫『“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ…… 4』 | トップページ | メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 3』 »

ファミ通文庫『“末摘花” ヒカルが地球にいたころ…… 5』

この女たらし! と幽霊を詰っていたら、自分が女たらしだったでござる。
…な、出会いと別れの物語。

特装版ではドラマCD付きで今巻の補完エピソード入り。
表紙も特装版専用で、これはこれで良い絵なのですが、
肝心の今巻ヒロイン、末摘花さんがいないのででで…と思ったら、
ポスカ画集に通常版の表紙絵が入っていたので、超GJでした。

夏休みに入って、次の心残りは「顔も名前も分からない誰か」

待ち合わせ場所のカフェでそれらしい人を探す……
と見せかけて、今までのお付き合いある方々が押し寄せるお話。

葵の上に始まり、しーこが押し掛け、帆夏に蹴られ、
朝ちゃんとも秘密を作り、月夜子さんに励まされ、
級長に心配され、あの人とも再開し、末摘花な誰かに見つめられる。

ドタバタここに極まれり。

誰かが来るたびに二の次になる末摘花さんカワイソス……。
ってか、総集編を兼ねているのかな。もう5冊目だものね。

まー、まずは末摘花さん。

誰が彼女なのか……ってのは、是光の反応を見てると消去法で分かるという、
いつものアレなので驚きとかは無かったのですが、
そのままに○○なのは意外というかなんというか?

是光の反応が面白い。君も男の子なんだね、という感じ。

オンラインのみの繋がりということで、真・恋愛相談師匠とか、
そういうポジションが一番適当っぽいと思ったけど、
性格的には全然そういうの向かないのが難点。意表をついてスーパーハカーとか?

で。この巻で表紙ヒロインよりも暴れ回ったのが、帆夏としーこ。
特に帆夏の暴走っぷりがホント酷い!(良い意味で

しーこは可愛いから正義なので、何をやっても許されるのですが、
しーこに張り合う帆夏さんを見てると……なんか、目から汗が止まらねぇ……。

いくらななせでも、舞花を相手にしたりはしなかったのに……。

しかも、夜のプールで良い目見た後、さっそく級長相手にどん底味わってるし。
まぁ、帆夏さんはこれからもその揺れ動く乙女心を赤裸々に表現して頂きたい!
例え結果がどうであろうと……最後まで見守る事はとっくに決意してますので。

可愛い度で言うと、葵の上と朝衣さんも意外な面を見せ始めて、
すわ、本格参戦かという感じだったのですが、
これは本の感想というか、ドラマCD補正が多分にある気が。

ドラマCDがどんなエピソードだったかは、作中でも情報が出てきて、
十分想像可能な範囲。でも、そこはそれ声優さんの演技力がさすが。

私としては葵の上のイメージがかなり揺さぶられちゃいましたが、
(千反田さんちのお嬢様なイメージがあまりにも強力……ッ)これはこれで?

そしてボーナストラックのインタビューがあまりにも……あざとい!
是光が聞いちゃいけないレベルのアレですが、しっかりと聞いてる設定。
これが黒歴史というやつか……。

かなり堪能させていただきました。はい。
品薄でも諦めずに探した甲斐はあったというもの。よかったよかった。

それでは、また。


関連

“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ…… 4

“若紫” ヒカルが地球にいたころ…… 3

“夕顔” ヒカルが地球にいたころ…… 2

|

« ファミ通文庫『“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ…… 4』 | トップページ | メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 3』 »

03_ファミ通文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55760540

この記事へのトラックバック一覧です: ファミ通文庫『“末摘花” ヒカルが地球にいたころ…… 5』:

« ファミ通文庫『“朧月夜” ヒカルが地球にいたころ…… 4』 | トップページ | メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 3』 »