« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 3』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 4』 »

HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 3』

ラブコメ色が急上昇でやきもきさせられっぱなしの、
23世紀の正統派文学。

ついに義妹実妹対決……ゴクリ。

ぶんかとっくから現れる新時代を目指す実妹ちゃんが暴れ回る話。
謎の実妹から宣戦布告される義妹の図です。

ずっと暮らしてた義妹と、突然現れる実妹という、
いろいろとあべこべな設定が新鮮かと思いきや、そこまででもないか?

押せ押せで積極的に兄様を奪いにかかる実妹、アマネコちゃんですが、
そう言われてみればそういうキャラ居ませんでしたね。

最初から好感度MAXなので攻略も何もあったもんじゃないですが、
つまりこれは兄様攻略を生温かく見守るというスタンスですな。
まー、兄様もかなりちょろいので見守るも何もですが……。

というか、この兄様の「迷惑かけかたくない」の勘違いっぷりが、
腹立って仕方ない。
よくあるパターンっちゃよくあるパターンですが、この天然っぷりを
野郎が発揮するとウザい以外の何ものでもないですな。
新言語ネタ以外が、あまりにもダメ過ぎる…。

今巻の偏ったアレは「ことばをつくる会」という事で、
漢字も借り物なら、ひらがなカタカナも日本語ではないというのはなかなか。

でも、「今あるもの、これまであったものをあっさり受け入れている」って
意味では、確かにその通りだなぁ、とか思ってしまいまして。
って事は、源流は自分の国! という主張も、今までネタと思っていましたが、
割と本気だったりするのかもと思い直したりしました。

あと23世紀ネタとして、2.5次元子制度がありましたが、
倫理的にはともかく、種族的には生産性があってまあいいのでは。
2次元がここまで普及したらこの制度ないと滅んじゃいますしね。

それでは、また。


関連

僕の妹は漢字が読める 2

僕の妹は漢字が読める 1

|

« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 3』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 4』 »

07_GA・HJ・スーパーダッシュ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55777855

この記事へのトラックバック一覧です: HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 3』:

« メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖 3』 | トップページ | HJ文庫『僕の妹は漢字が読める 4』 »