« 電撃文庫『楽聖少女 1』 | トップページ | ファミ通文庫『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ…… 2』 »

一迅社文庫『征王の迷宮塔 2』

100層ある塔の頂上を目指して……とか言うと、
どこぞのソードアートなオンラインゲームを想起されるかと思いますが、
まぁ、だいたい合っています。

もちろん、瀬尾つかささんの、そういう作品でありますが。

100層に辿りつき、そこでいろいろネタばらしなお話。
カイルの、ユーフォリアの復讐の行く末やいかに。ですな。

2巻であり、最終巻であり、という事で若干早めの展開。

半竜の少女が出てきてパーティ(と夫婦)のテコ入れだったり、
100層での最終攻防だったりで、忙しいです。
20層から90層まではスキップ。まぁ、そんなもんだよね!

半竜少女は物理特化アタッカーでありながら、人見知りの妹分という、
これまたあざといキャラで、実に実にごちそうさまでございました。
火力不足で空気の薄いユーフォリアさんがやきもきするかと思いきや、
むしろ正妻の余裕で、重婚のお許しが出るという寛大さ。
魔槍幼女もいるし、カイルのモテ期極まれりです。

まーでも、かなり殺伐とした雰囲気が続いて、あとは攻略一直線なので、
ラブ寄せという意味では、どのヒロインもみんな空気かも?

むしろイラストでは何故かカイル×おっちゃんという、
いかにもBLなのもあるくらいで、どうしてこうなったという気分にも。
ラスボスは乗っ取られた親父とか、いかにもRPGな展開なので、
間違ってないっちゃ間違ってないんですが……。

とりあえず「多元世界」の繋がりもあったみたいなので、
いつかどこかで他の作品に出てくる……かな。

繋がり方はちょっとよく分かんなかったのですが、多元化後期なのか?

それでは、また。


関連

征王の迷宮塔 1

円環のパラダイム

スカイ・ワールド 1

|

« 電撃文庫『楽聖少女 1』 | トップページ | ファミ通文庫『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ…… 2』 »

05_一迅社・ガガガ文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55721548

この記事へのトラックバック一覧です: 一迅社文庫『征王の迷宮塔 2』:

« 電撃文庫『楽聖少女 1』 | トップページ | ファミ通文庫『“夕顔” ヒカルが地球にいたころ…… 2』 »