« 電撃文庫『断章のグリム 16』 | トップページ | 電撃文庫『ヘヴィーオブジェクト 5』 »

電撃文庫『断章のグリム 17』

本当は怖い……というか、本当に怖い童話。
例え悪夢でも、メルヘンと言い続けて17冊……。

ついに、最終巻!

蒼衣君の、雪乃さんの、そしてその他それぞれの結末。

神狩屋さんの事件の顛末というだけではあるんですが、
まぁ、ホント、これが最後だもの。がくと。って感じです。

ココまで来て内容に触れないわけにもいかないので、
以下、ネタバレという事でお願いします。

夢見子ちゃんが絡んでくると分かってからの、事の急落っぷり。

お久しぶりな人がたくさん出てきて、いやぁ、最終巻っぽいなぁ、
と思ったりもしましたが、いろいろと違う意味で最終巻でした。
一言で言うなら、終わり過ぎ。甲田学人先生、本気です。

ここまで木端微塵だといっそ清々しいをさらに通り越してやっぱり茫然。

もちろん、甲田作品、こうでなくっちゃとも思いますし、
最後の蒼衣君の夢、雪乃さんの想いは、このどん底にあってこそなのでしょうが、
それ以外の惨劇…というか、何もかもがツライです。

エピローグですら手を抜かない、そんな甲田先生に……合掌?

蒼衣君の、主人公の一番大事な「普通」を諦めたうえでの夢とか、
それは本当に夢と呼んでいいのか? です。
成長という意味では雪乃さんだけだった訳ですが、ううむ……。

この最後に至るまでの退場者、主犯である神狩屋さんは目論見通りでしょうが、
入谷さん、笑美さん、リカさん、大隅、ご両親に三木目医師、
この辺の人たちも、死亡フラグどころじゃない負の強制力。

こんな作品だと分かっていても、誰か一人くらい……ねぇ!?

雪乃さんとか、颯姫ちゃんあたりも仲間入り間違い無しかと、
確信させられるだけの退場者数。それが狙いだったのかもしれないですが、
その辺ではもう思考停止というか作者の読みとか考えてる余裕がないので、
ただひたすら、あー、おわった……と思うばかりでした。

ろくな事にはならんだろうなと思いつつ、もしかしたらの希望にすがって、
この17巻まで読んできましたが、完全に脱力。
でも、やっぱり最後の蒼衣君と雪乃さんのやり取りを読んだ事で、
忘れられない何かを読んだ確信があります。

シリーズ終幕、ありがとうございました。

それでは、また。


関連

断章のグリム 16

断章のグリム 15

電撃ジャック!!

|

« 電撃文庫『断章のグリム 16』 | トップページ | 電撃文庫『ヘヴィーオブジェクト 5』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55628238

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『断章のグリム 17』:

« 電撃文庫『断章のグリム 16』 | トップページ | 電撃文庫『ヘヴィーオブジェクト 5』 »