« 講談社ラノベ文庫『いけめん彼女 1』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 17』 »

電撃文庫『断章のグリム 16』

悪夢の幻想新奇譚(メルヘン)、ついに最終章。
これで終わるのか……と思うと、やたら早い気がする。

でも、10冊とっくに超えてるし全然短い事ないという。
とりあえず、まずは上巻。はじまりはじまり。

ついに主人公、蒼衣君の「断章」を巡るお話。
入谷さんという新キャラのお披露目と、蒼衣君の過去回想。

全てを理解し、その上で否定することで全てを消す事のできる、
防御貫通の絶対能力。その大前提だった過去のトラウマの事実が、
すっかりと揺らいでくる、ちゃぶ台ひっくり返し巻です。

とにもかくにも、前巻での神狩屋さんの行動、
各人のそのショックっぷりがこの上巻のキモ。

雪乃さんのイライラ、蒼衣君の心労っぷり、
颯姫ちゃんはいつも通りだけど、だからこそ痛い。
保護者役のいない無力さです。

何も出来ないから考えるしかない、ってことで、
蒼衣君の思索が始まる訳ですが、その大前提である幼馴染みの葉耶ちゃんとの、
関係というか、事件というか。

今まで回想でポロポロと出てきていたアレが、
よくよく調べてみたら話が違うという気味悪さ。実際の事実の悪夢っぷり。
この後半の意地悪さは、悩み抜いた最終巻なだけはあります。

ほんとうに、ひどい。

本当は怖い白雪姫って言ったって、人類共通の禁忌を集めた最悪の物語って、
「王子様のキス」をこんなシーンにするってのは……。

ここでかなり体力持って行かれましたね。雪乃さん、マジ天使や。

それでいて「引き」が夢見子ちゃんなので、次の巻までちょっと一休みして、
体力回復とか出来ないという、これまた酷い仕様なので、
早く下巻読んで解放されたいです。

登場人物の幸せを願ってる風な著者近況に何を思えばいいのか……!

それでは、また。


関連

断章のグリム 15

断章のグリム 14

夜魔 -奇-

|

« 講談社ラノベ文庫『いけめん彼女 1』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 17』 »

00_電撃文庫・MW文庫」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222518/55612026

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃文庫『断章のグリム 16』:

« 講談社ラノベ文庫『いけめん彼女 1』 | トップページ | 電撃文庫『断章のグリム 17』 »